整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

腰痛の原因になるパソコンのいじり方

2017年03月20日

今日は春分の日。普段、定休日が月曜日のため今回のように月曜日が祝日や三連休と重なると人混みや渋滞にちょっと疲れてしまいます。でも観光客の方が増えたり、みんなが出掛けたりなさるのは素晴らしいことだとは思っています。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


長時間のデスクワークにより、腰痛に悩まれている人も増えてきています。しかし以前から長時間座り続けるのは喫煙行為と同じくらい害があるなどと言われるため、立ったままのデスクワークを可能としたスタンディング机を導入する企業が増加傾向にあると聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

そもそも私たち人間は立っている時よりも座っている時の方が1.5倍から1.7倍近く腰に負担がかかるため、座り続けると腰に悪影響があると言われています。デスクワークの方にとって腰痛は一種の職業病となっていますし、集中力の低下など仕事に何かしらの支障をきたしている方も少なくないはずです。

特にパソコンを操作する上で腰痛の原因となるのが猫背などの姿勢の悪さです。パソコンをいじる際には前かがみな姿勢になる事が多くなりがちですが、猫背は重心が前方へと移動するため、腰への負担が強くなり、腰痛や肩こりを引き起こす原因となります。

また、長時間のパソコン作業による眼精疲労も首や肩周辺の筋肉が緊張状態となり、血行不良を誘発して肩こりや頭痛の原因となります。眼精疲労により姿勢も乱れがちになることも多いため、眼精疲労が腰痛の原因になる場合もあります。

さらに、姿勢の悪さを作り出すのがパソコンのいじり方ですが、前かがみの姿勢を防ぐためにはマウスの位置をキーボードよりも前方にした方が良いと言われています。腱鞘炎や肩こりを防ぐためにも、出来るだけマウスから手を離す習慣を付けることが大切です。キーボードの配置も肘を直角に置くのが良い姿勢を保つのに効果的です。パソコン作業による腰痛対策には正しい姿勢を保つことや血行不良を防ぐための休憩時間のストレッチなどがありますが、毎日作業を続ける中でそれらの対策を完璧に行うのは難しいでしょうから、対策を講じても腰痛・肩こりに悩まされることはあるでしょう。

そういった場合は肩こり・腰痛改善のプロと言える治療家に任せるのも有効な対策です。

京都市西京区桂にある匡正堂浅野整骨院では、190年以上の伝統がある独自の治療法を提供しています。この治療法は背筋(せすじ)を元の正しい位置に戻してあげる事で、自然治癒力を最大限に引き出し体全体の負担を緩和させるというものです。この治療法は難病の回復例もたくさんある治療法なので、他院では改善できなかった痺れ・腰痛・肩こりの改善も大いに期待できますし、最寄り駅から徒歩6分とアクセスも良いですから一度その治療法の効果を確かめてみられると良いと思います。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。


匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/


匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話