整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

デスクワークをしている人の宿命『肩こり』

2017年03月17日

いままでは夜以外の時間帯は来て頂いた順番に治療させて頂いてましたが、4月からは日中の時間帯も予約制に変更することにしました。よりお一人お一人の方とな時間を大切にしたいためです。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


デスクワークは基本的に長時間パソコンに向かっている仕事になりますので、肩こりや首痛が慢性化しやすくなります。デスクワークをしている人の宿命だとも考えられます。ですが、少しの意識で最小限の症状に抑えられますので、まずは姿勢に注意してみましょう。姿勢が悪いと肩こりは起こりやすくなります。前かがみの姿勢でいると背骨が歪んでしまうほか、足を組んだりしてしまうと骨盤にも影響し捻れていきます。すると血液の流れも悪くなり筋肉も緊張したまま悪循環を引き起こしてしまいます。また長時間のデスクワークで眼精疲労から肩こりや頭痛にも繋がりやすくなります。

パソコンにずっと向かっているとどうしても姿勢が乱れやすくなりますので、肩こりを予防するためにも一時間おきに意識して姿勢を正すようにしていきましょう。また空いてるスペースがあれば筋肉をほぐすためのストレッチをすることや肩こりを軽減するためのグッズを使用するのもオススメとなります。毎日のデスクワークでは、どうしても姿勢が悪くなりますがそれは仕方ありませんので、日頃から予防する方法を心がけておきましょう。

仕事が終わって家に帰ったあともお風呂などに入って体を温め、なるべく筋肉をほぐすようにしていきましょう。また、姿勢はデスクワークの時以外でも正しくするように心がけていると、血流がスムーズになり肩こりも最小限に抑えられる可能性があります。姿勢の悪さは身体の歪みに繋がっていき肩こり以外にも首痛など様々な症状を引き起こしますので、適度にストレスを発散し緊張している筋肉をほぐしていくことが大切となります。姿勢をよくすることと血流をスムーズにさせることを意識すると予防になりますので日頃から意識しておきましょう。

京都・桂の匡正堂浅野整骨院は肩こりを根本から改善させていく施術を行っています。施術は症状や個人により変わってきますが、背骨の周囲の筋(スジ)や体に独自のアプローチをしていくことで極度に緊張している筋肉を緩めることができ腰痛や痺れを改善させていくことも可能です。

肩こりが慢性化して自分ではなかなか筋肉がほぐせない、極度の緊張状態により筋肉が固まってしまっているといった場合にめオススメです。また腰痛や頭痛、首痛などでお困りのかたも是非御利用ください。筋(スジ)の治療を中心として体全体の負荷を軽くし不調を改善させていきますので、これまでのやり方では改善しなかった方は匡正堂浅野整骨院の独自の治療を受けて頂くことをオススメします。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。


契約駐車場もございます。


匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ

http://facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話