整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

デスクワークの首痛が驚くほど軽くなる方法!

2017年03月08日

昨日 今日と朝晩さむい。本当に冷えます。三寒四温とは言いますが、少し強烈です。なかにはこの寒暖差で体調を崩される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

毎日のデスクワークにより肩こりや首の痛みに悩んでいる人は多いものです。ひどい場合には頭痛にもつながり様々な辛い症状に悩まされるケースが増えています。辛い症状を少しでも治したいために鎮痛剤を飲んでみても、その場しのぎであるため、また翌日のデスクワークのときには痛みが発生してしまうのです。

デスクワークによって肩こりや首痛が発生する原因としては、デスクワークの最中の姿勢に関係があります。姿勢を改善するだけで少しづつ辛い症状め改善されていく可能性も多いにあります。姿勢が悪くなると必要以上に肩や首に負担がかかることになります。デスクワークの最中には書類を確認したりパソコンと向き合うことで、どうしでも前かがみの姿勢になららがちです。本来であれば頭の重みは体全体で支えるはずなのですが、前かがみの姿勢になると首や肩だけに負担がかかってしまうのです。首や肩に負担のかからないような姿勢を維持するためには、背筋がやや後ろに反っている正常な状態を維持する必要があります。

この姿勢になると上半身全体で頭の重みを支えることができるのです。

この姿勢を維持すれば肩こりや首の痛みは軽減されることがわかりますが、仕事に夢中になっていると、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。長年の姿勢の癖が体にしみついてしまったり、机の高さや椅子の高さがあっていない可能性もあります。

一つ目の方法としてはタオルやクッションなどをせもたれと骨盤の間にはさんでみましょう。これにより姿勢を維持できるようになります。また頭の重みは上半身だけで支えるのではなく、下半身も含めて体全体に負担を分散させることが理想的であると言えます。しかし椅子の高さがあってない場合には、腰や太ももの筋肉に負担がかかります。この負担を軽減するために、首や腰には必要以上の力が加わることになるのです。床と足の裏をしっかりとつけ、高さが合わないようであれば足を置くための台などを用意すると良いでしょう。

また目線のずれも負担につながります。パソコン作業においてディスプレイと目の高さがあっていない場合には、楽に閲覧できるようになり、首や肩に余計な負担がかからなくなります。このように肩こりや首の痛みを軽減させる方法は存在しますが、すぐに改善するのは難しいと言えます。

京都で肩こりや首の痛みに悩んでいるのであれば匡正堂浅野整骨院をおすすめします。
匡正堂浅野整骨院では、体全体の負荷を軽くする技術をもとに体の痛みを整えて肩こりや首の痛みに効果を出します。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話