整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

パソコンによる目の疲れが原因で肩こりが慢性化

2017年03月06日

かつては物凄い花粉症で悩まされてた私ですが最近はシーズン始めに少し朝、目がしらが痒くなる程度で収まるのですが今年はどうなるでしょう?電車の中でマスクをしている人を見ると花粉症の季節が今年も来たなと思います。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


現代人は昔の人と違いパソコンやスマートフォンを日常的に使うことが多くなりました。インターネットに繫ぐことができるパソコンやスマートフォンは非常に便利でメールやニュースを閲覧するだけでなく、仕事をすることもできてしまいます。実際パソコンを使って仕事をしている人も多く中には朝から晩まで椅子に座ってパソコンと向き合っている人も少なくありません。長い間パソコンと向き合っていると目の疲れが出てきます。いわゆる眼精疲労というものになりますが、この眼精疲労になる理由は目を使い過ぎているからです。

別に画面を見なくても人間は起きている間は目が開いているはずです。それでも眼精疲労にならないのは目の疲れ方が異なるからでしょう。画面を見ると細かい字がたくさん出てくるため、それによって目が疲れてしまうのです。目の疲れは目の疲れだけで収まればよいのですが、別の箇所に広まってしまいます。例えばよくあるのが肩こりです。画面をずっと見ている時に肩こりが発生するのは同じ姿勢でずっと椅子に座っているからという理由もあります。ですが肩こりの原因はそれだけではありません。

実は目の疲れと肩こりは直接関係があると言われているのです。

少し具体的に説明をすると目が疲れている時というのは自律神経のバランスを崩している時です。この自律神経のバランスが崩れると今度は血行不良に繋がっていきます。血行不良が起こると肩の血のめぐりが悪くなり、やがて肩こりが発生してしまうというわけです。肩こりが発生すると眼精疲労にもつながるため、悪循環に悩まされるでしょう。このように画面の見過ぎは、単に目か疲れるだけでは済まされないのです。これを和らげるためには、決まった時間だけ画面を見ることが重要です。例えば仕事で帰る時に電車の中でずっとスマートフォンを見ている人もいますが、それをいったん止めて別のことをするべきでしょう。

また照明やディスプレイも重要になります。照明やディスプレイの明るさによって眼精疲労が起こるかどうか決まってきます。と問えば薄暗いところで明るい画面を見ていると目が悪くなるといわれていますが、薄暗くなって来たときには画面を少し暗くして対応するのが良いです。

もし肩こりがなかなか解消されない場合は京都・桂の匡正堂浅野整骨院にいらして下さい。デスクワークによる首・肩・頭痛の改善を得意としている整骨院です。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)から続く『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご来院下さい。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話