整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

梅雨と体調管理

2014年06月13日

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

梅雨時期に悪化しやすい症状をご紹介します。

①うつ症状
   気圧低下などの影響により気分も憂鬱になりやすくなります。

②喘息・気管支炎
  高温多湿でカゼ・ダニが発生しやすいため換気・除湿・エアコンの掃除などをこまめにする。

③神経痛・リウマチ・気圧変化
   クーラーによる冷えが原因です。服装などに気を付ける。首・お腹・足首も冷えないようにする。

梅雨時期は体も余分な湿気(水分)を溜め込みやすく様々な不調があらわれます。湿気は重く下に溜まりやすいので特に下半身のむくみや水太り・ダルさ・関節痛・頭痛・胃腸の不調など余分な湿気が原因で血の流れを滞らせてしまうことで不調が起こります。

体に湿気を滞らせらせないために「乾かす、温めることで体に溜まった余分な湿気を取り除いて排出することが大切です。」

(1)体を冷やさず温める。寝るときも長袖・長ズボン
(2)クーラーや冷たい飲み物・生物を控える
(3)除湿する
(4)利尿効果のあるものを食べる
バナナ・冬瓜・海苔類・アサリ  

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話