整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

四十肩・五十肩

2014年05月17日

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

四十肩・五十肩といわれる症状があります。むかしは人生50年の時代でしたので江戸時代には五十肩のことを“長命病”と人々は捉えられていたそうです。
 
匡正堂浅野整骨院にも四十肩・五十肩の症状でいらっしゃる方がおられます。むかしは40代50代で四十肩・五十肩になる方が多かっそうですが案外60代後半から70代でこの症状に悩まさる方が増えてる気がしています。まさしく“長命病” でしょうか?

なぜ四十肩・五十肩が起こるかは直接転倒しぶつけた等理由がはっきりとしている場合もありますが多くは原因がわからないことが多いです。

肩周辺の筋肉が少し落ち繊維が硬くなるのが原因という説明もありますが、これに当たらない場合もあります。

ただ言えるのは肩の一番でっぱりの部分の奥に炎症がある場合が多いのは事実です。治療回数は一度で治ることはまれですが、匡正堂浅野整骨院の特殊な200年の伝統をもつ湿布はこの炎症に有効に働きかけてくれます。私自身も手技でこの部分にアプローチする技術が高まってきたように思います。

肩が動きにくいイコール四十肩・五十肩ではありません。筋肉や靭帯が切れている場合もあります。また肩関節前方に炎症がある場合もあります。適切にアプローチすると治りは早いです。

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話