整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

浅野先生に聞いてみよう! 足の張り編 前編

2021年03月19日

1足が張る、だるくなるなどの原因はなんでしょう?
浅野先生回答
以下のように考えられています。
ふくらはぎの筋肉が硬くなる → 足の静脈の血行不良 → 足の静脈が広がる → 血液が逆流 → 余分な水分が血管から染み出し周囲の細胞の新陳代謝を悪くする ⇒足の疲れ・だるさ・むくみ・こむら返りを引き起こす。

2予防法はありますか?
浅野先生回答
足がだるくなる原因 ①運動しすぎなため
➁同じ姿勢が続きふくらはぎを動かさずにいるため
予防法として、それぞれの反対行動を行うのが好ましいです。
また、シャワーだけで済まさず湯船にしっかり浸かって足を温めることを意識してください。

3立ち仕事の多い人へのアドバイスをお願いします。
浅野先生回答
●こまめにストレッチをしましょう。特にアキレス腱あたりをストレッチすることをおすすめします。
●靴のサイズの見直しも大切です。また靴にクッション性の高い中敷きを入れるのもよいでしょう。
●ヒールをよく履く人も上記のことを注意しておくとよいでしょう。

今週は足の張りについてのお話を伺いました。足がもつれて転んでしまう。何も無いところでつまづく。こんなことってありませんか?すべては足の疲れが原因です。足の張りをそのままにしておくと足全体の筋肉が硬くなり、トラブルを引き起こします。足のケアには靴選びも大切。最近では自分の足の形に合わせた靴も以前よりぐっと格安で作れるようになっています。クッション性の高い中敷きもサイズ、種類ともに大変多く、お求めやすいプライスで並んでいます。おしゃれも健康もそして幸せも足元からやってくると、何かの本に書いてありました。この春にお気に入りの歩きやすいステキな靴を一足そろえてみてはいかがでしょうか?ついつい歩きすぎてしまった時は、そのまま浅野整骨院までお立ち寄りください。お帰りは、軽やかな足取りになることをお約束します。来週は足の張り後編、足のストレッチのご紹介です!

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話