整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

浅野整骨院 筋活物語  No 2

2021年01月25日

今年の節分は120年ぶりに日が変わるという珍しい日です。
みなさま「全集中!」で鬼を払いましょう。

さて、年始に「国民、専門家、AIが選ぶ本当に強い戦国大名ランキング」という番組が放映されていました。きっと一位は「織田信長」だろうと予想しながら見ていましたが、本当に一位に選ばれていました。信長のカリスマ性の大きさを改めて感じた次第です。光秀に討たれるというどんでん返しがなければ天下は間違いなく信長の手に・・
信長は非常に足腰の強い人だったそうです。そして病気知らず。家康は背中の腫瘍に悩まされていたそうですし、信玄も死因は「胃がん」説が有力。上杉謙信は酒豪で高血圧だったと。そんな中、信長は酒こそ飲みはしますが、たまに飲む程度だった様で、普段は意外に質素な食事を好んでいました。信長は1567年、小牧山城から岐阜城に本拠地を移します。標高300m超えの金華山に築かれた山城です。岐阜城に移った信長は来客用の館をふもとに建てました。来客のたびに降りてきたそうですが、当然エレベーターなど無い時代、下るのも上るのも歩きです。一日に来客が一件であればまだしも、信長ほどの地位になれば一日に数件のアポがあってもおかしくはない。突然の来客もあったでしょう。そのたびに往復していれば・・・考えるだけで息が足が・・・・・・
しかし、それが図らずも信長の足腰を強くする要因となっていました。当然ながら有酸素運動であり、現代人の多くが朝、夕に「歩く」といった健康法と同じです。その後信長は日本で初めて「天主」と呼ばれる高層建築を安土に築きます。天下に名を馳せた「安土城」です。信長は安土城の天主に居住しました。五層七階、高さは推定で30mと言われています。安土城に行かれた方はご存じだと思いますが、とても急峻な階段が多く、一休みしながらでもきつい。ここを日々上り下りしていれば、下手な運動なんかよりずっと筋肉がついたでしょう。酒はほどほどに、質素な食事、そして日々の有酸素運動とくれば、お手本のような健康毎日ではないですか。
信長とまではいかなくても私たちも有酸素運動を心がけ、健康な筋肉をつくりたいものです。現代の私たちが恵まれているのは運動後のケアをプロにお任せでできること。疲れのたまった筋は浅野整骨院でしっかりとケアをしてもらいましょう。

天下統一を目前に炎に消えた信長。大河ドラマもいよいよクライマックスです。光秀はなぜ本能寺へ向かったのか!肩に力を入れず楽しんでください(笑)

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話