整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

痛みの原因は固くなった筋肉による神経の圧迫!?

2017年08月04日

各地で花火大会が催される時期になりました。私も今年は琵琶湖の花火大会のチケットを頂いたので久しぶりに琵琶湖の花火大会に行ってこようと思っています。楽しみです。匡正堂浅野整骨院は来週8月8日㈫から8月11日㈮まで夏休みとなります。よろしくお願い致します。

阪急電鉄京都線、桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

坐骨神経痛などの痛みは、筋肉が固くなったことで神経が圧迫されることが原因である場合があります。固くなった筋肉が神経を圧迫すると神経の刺激が脳に伝わり、痛いと感じるようになります。この症状を改善するには、固くなった筋肉を柔らかくするための施術を行うことが必要です。

施術を行う際には、神経を圧迫している筋肉を特定することが必要ですが、正確に特定するには長年の経験と勘がポイントです。未熟な施術者だと痛みの原因の筋肉をピンポイントで特定できないため、施術を受けても改善しないことがあります。痛みを改善させるには、技術力が優れた経験豊富な施術者のよる施術を受けることが必要です。

経験豊富な施術者は神経を圧迫している筋肉を特定し、固くなっている筋肉を柔らかくするための施術を行います。筋肉がこわばっている部分のことをトリガーポイントといい、施術者はトリガーポイントをピンポイントで揉みほぐします。トリガーポイントを揉みほぐすと血流が良くなって筋肉がほぐれて柔らかくなり神経を圧迫することはなくなります。

筋肉がこわばって固くなる理由は、末梢血管が収縮して血液不足の状態になってしまい、酸素も不足してしまうことによるものです。血流が良くなると新鮮な酸素が末梢血管まで行き渡るようになり、固くなった筋肉がほぐれてきて神経を圧迫することはなくなります。

冷え性の方は血流が悪いため神経が圧迫して体の節々が痛くなったり、肩こりや腰痛になることが多いです。これらの症状を改善するためには冷え性を治すことが必要で、冷え性が改善されると痛みを感じることはなくなります。整骨院では冷え性を改善するための施術も行っており、身体が温まってきて痛みの軽減が図れます。

整骨院で施術を受けることも神経の圧迫の改善には有効ですが、ストレッチをすることも神経の圧迫による痛みの改善に繋がります。ストレッチをすると、こわばっていた筋肉がほぐれてきて血行が良くなり、神経を圧迫することがなくなってきます。

ただし、ストレッチは即効性がなく、効果を実感するためには継続して行うことが大切です。入浴すると血行が良くなり体が柔らかくなりますので、お風呂にゆっくり浸かることも痛みの改善に役立ちます。ストレッチは入浴後に行うのが最もよくお風呂上りに10分ていどのストレッチを毎日行うようにすると、だんだんと体が柔らかくなってきて痛みも改善されてきます。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)より続く『匡正堂本院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/
匡正堂浅野整骨院フェイスブックページ
http://www.facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話