整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

痛みと決別!!!疲れた筋肉をほぐす方法

2017年07月31日

今日は強烈にムシムシしました。梅雨が明けたのにまるで梅雨のよう、この暑さを忘れるために最近は飲んでなかったビールを今日は久しぶりに飲んでみようかと思います。来週8月8日㈫から8月11日㈮は夏休みとなります。

阪急電鉄京都線、桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

痛みが起こるのは、筋肉が疲れて固まってしまっているからであることがあります。筋肉の中にはリンパ管はもちろんのこと、神経も通っています。筋肉が固くなって、神経が変な風に圧迫されることで、痛みを感じることもあります。また、筋肉が固く収縮したままだと、血液やリンパ液が流れにくくなり、老廃物の除去も進まなくなります。

疲れた筋肉の修復には酸素が大量に必要とされますが、酸素の供給も滞ってしまうため、修復も進まなくなり、筋肉が傷ついた状態が長く続きます。筋肉をほぐすことは、痛みを解消するためにも筋肉の健康を保つためにも不可欠なことです。

ほぐすために行うべきことは、まず第一にストレッチです。これは物理的にほぐすという運動になり効果的です。筋トレは状態を持続させる時間が5秒や7秒とされていますがストレッチでは30秒キープが基本です。凝っている場合はいわゆる痛気持ちいいという感じがすることでしょう。落ち着いた状態で時間をかけてストレッチを行うとゆったりとリラックスした気分にもなれます。

ストレッチ以外では入浴も効果的です。最近は湯船につからず、シャワーだけで済ますというケースも増えていますが、筋肉をほぐすためには、ぜひとも湯船につかることが望まれます。ぬるめのお湯にゆったりとつかることです。これで筋肉が随分ほぐれます。

また、腹式呼吸をするのも方法のひとつです。吸うことよりも吐くほうに意識を傾けます。長い時間をかけて少しづつ息を吐きます。そうすることで、副交感神経が優位になり、緊張がほぐれます。現代は日常生活の中でもストレスが多く、副交感神経よりも交感神経が優位になっている時間が長いものです。交感神経は、非常事態に備えることを指令する神経です。臨戦態勢に入るわけですから、筋肉は緊張し、血圧も上がります。こうした状態は、非常事態に対応するためには必要なことですが、常時そうした状態にあると当然体は疲労します。副交感神経は緊張をほどき、リラックスした状態にさせる神経です。

この神経が優位になると、筋肉はほぐれ血流も良くなります。しかし、ストレスの多い毎日を送っていると副交感神経を優位にさせるのはなかなか難しくなります。腹式呼吸は、それを可能にさせる方法です。腹式呼吸法をマスターし頻繁に行うようにしていけば緊張がほぐれやすくなります。それによって巡り巡って痛みが和らぐこともあります。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)から続く『匡正堂本院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/
匡正堂浅野整骨院フェイスブックページ
http://www.facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話