整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

美しい姿勢を保つためにはバランスの良い筋肉が大切です。

2017年07月26日

しばらくぶりのブログとなりました。この間に匡正堂浅野整骨院では定休日が従来の月曜日から火曜日に変更となりました。今年は4月に全時間を予約制に変更し、7月からは定休日を火曜日に変更しました。何かとご不便おかけし申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

阪急電鉄京都線、桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

モデルの皆さんはとても美しく綺麗にみえます。それは、顔が美人というだけでそう見えているわけではありません。頭のてっぺんから足のつま先まで全てをトータルして美しく綺麗なのです。もし、顏が美人でも姿勢が猫背だとどうでしょう。いくら美人でも全体を通してみるとイマイチという評価になるでしょう。つまり、正しい姿勢は美しく綺麗に見えます。

姿勢を保つには、背筋と腹筋のバランスが重要になってきます。腹筋の筋肉が強くても、背筋の筋肉が衰えていては、美しい姿勢は保てません。その逆もダメです。腹筋も強く背筋も強いということが綺麗な姿勢をつくります。よくダイエットなどで腹筋を集中的にトレーニングする方がおられますが、腹筋だけを鍛えても背筋も鍛えなければ意味がありません。腹筋を10回トレーニングした時には背筋も同じように10回トレーニングを行います。そうすることでバランスのとれた筋肉をつけることが出来ます。

また、仕事柄デスクワークが多い場合などは、背筋部分が緊張して硬くなることがあります。このような状況も腹筋と背筋のバランスが崩れて姿勢が悪くなります。この場合は、背筋をほぐすようなストレッチなどが必要です。もし、ストレッチで十分に背筋や僧帽筋(肩の後ろの筋肉)をほぐすことが出来ない場合は、指圧やマッサージなどが有効になります。

腹筋のトレーニング方法で、よく足を延ばした状態で腹筋をする方がおられますが、この方法は腰を痛めるため勧められません。できれば寝た状態で立膝をつくり腹筋をした方が腰への負担が軽減します。高負荷の腹筋をする場合には、寝た状態で椅子に座るような脚の形(膝を天井側に持ち上げた状態)で腹筋トレーニングをすると高い負荷がかかります。腹筋はうつ伏せに寝て体を反らすようにトレーニングをします。または立った状態でダンベルなどを持ちお辞儀をするように背筋を鍛える方法もあります。これらのトレーニングで重要なのは、筋肉のバランスを考えて腹筋・背筋両方を同じように鍛えるということです。また筋肉痛の時にはトレーニングを中止して休むことが大切です。筋肉が痛いときには、筋肉が修復中ですので修復が終わって筋肉痛が無くなってからトレーニングを再開します。

筋肉痛の状態でトレーニングを繰り返すと逆に筋肉が減少することすらあります。正しい方法で正しい頻度で筋トレをすることが重要です。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)から続く『匡正堂本院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院フェイスブックページ
http://www.facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話