整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

何をしても治らない・・・やる気の出ないその原因は肩こりかも?

2017年06月01日

~~お知らせ~~
6月はお休みが変則的になります。

6月13日㈫休み⇒6月12日㈪施術
6月27日㈫休み⇒6月26日㈪施術
となりますのでよろしくお願い致します。

阪急電鉄京都線、桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

肩こりは発生してしまうだけで常に肩回りに違和感や動きにくさを感じさせてしまいます。その結果何をするにしてもやる気が出ないといった状態になってしまうこともあります。しかしこれはただ単に肩こりで起こっているのではなく、医学的視点から見ても肩こりが原因となっているとされています。

肩こりが生じてしまうと自然とその周囲の血流量は低下してしまいます。血液は血管内を移動しますが筋肉が固くなると組織の柔軟性が損なわれてしまい、自然と血管にもその影響が及び、血流が悪くなります。特に脳は首と肩回りの後面にかけて大きな血管があり、そこから血液供給の大半を行っています。肩こりが起こるとその部分の筋肉が特に固くなるため、自然と脳へ血液供給が減ってしまい、血液不足となります。脳は常に血液を一定量保持しており、少なくなってしまうと覚醒や意識レベルが低下してしまいます。肩こりではそれほどまで脳への血液量が減るわけではありませんが少なからず同じような状態にあります。そのため凝っていないときと比べてぼんやりとした状態となり、そのような状態では自然とやる気も出ないといえます。

また脳が活動する上で糖質が主なエネルギー源となります。体内で栄養素は血液を介して全身に運ばれるため、脳への血液量低下に加えて栄養不足の状態にもなってしまいます。脳は常に神経を介して指令を発信しており、栄養が足りなくなるとそのパフォーマンスも落ちてしまいます。またそれは体を動かす事だけでなく、精神面にも作用してしまいます。精神面の活力や気力が出にくくなるため、栄養不足によるやる気の出なさも挙げられると言えます。肩こり自体は誰にでも起こるものであり少なからず発生してしまいます。その中でも慢性的に肩こりが生じてしまっている人に関してはこのような状態が長期間続いている状態となります。人の体は適応性があり、他の人に比べて肩こりがひどく慢性的に脳への血液不足になってしまうと、自然とその状態でのパフォーマンスを保ちます。そのため一時的に肩こりが生じてやる気がなくなることは多いですが、慢性的に生じてしまっている人の場合はその状態に体がなれてしまい、やる気が出にくくなるということは少なくなります。

さらに肩こりが重症化するとやるきも落ちてしまうことはあります。その事からもいかに肩こりを起こさずに過ごすことができるかがやる気を左右すると言えます。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)から続く『匡正堂本院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/
匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://www.facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話