整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

整骨院は京都桂の「浅野整骨院」

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

施術時間

来院時に「HP見た」とお伝えください。
お問い合わせご予約は

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜日・祝祭日>
平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00
木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

整骨院だより

アクセス方法

〒615-8193
京都府京都市西京区川島玉頭町19-1

Tel:075-393-7773

営業時間<定休日:火曜・祝祭日>

平日:9:00〜12:30/15:00〜20:00

木土:9:00〜12:30/15:00〜18:00

京都桂の浅野整骨院にご相談下さい
京都桂の浅野整骨院にご相談下さい

デスクワークで起こる吐き気の原因とは????

2017年05月02日

昨日は月曜日で仕事が休みだったため、自宅近くの山にハイキングに行ってきました。実はこの山、昔から修験者の方たちが山岳信仰に基づき修行をなさった山で特別な山でもあるのです。半日新緑に囲まれて、とっても気持ちよかったです。

阪急電鉄京都線、桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

一日中パソコンに向かってデスクワークをしていると、眼精疲労が起こるため、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。吐き気を起こすこともあるのですが、「さすがに暴飲暴食などが原因で、目の疲れとは関係ないだろう」と思う方もいらっしゃいますが、実はこれも眼精疲労によるものが原因となることもあります。

長時間のデスクワークをしている人は、一晩寝たぐらいでは目の疲れを癒すことは出来ません。デスクワークをしていて肩こりや頭痛が起こりやすい人においては、吐き気が起こることも珍しくないので、必要以上に目を酷使しないようにしてください。

前日にお酒を飲みすぎたり、脂っぽいものを食べすぎて消化不良を起こすと、翌日の仕事中に吐き気がすることがあります。これは消化器官の不調が原因で、脳の嘔吐反応中枢が刺激されたために起こる症状です。

デスクワークをしている人が、肩こりや頭痛だけでなく、吐き気が起こる理由は、実はまだよくわかっていません。しかし一般的には、仕事のストレスや肩こり、背中の緊張などにより自律神経の働きが乱れたことが原因ではないかといわれています。
同じ姿勢でいなければならないのでストレスが溜まりやすくなりますし、背骨にも相当な負担がかかってしまいます。そこに目の疲れや肩こり、頭痛などの症状が加わると、自律神経に乱れが生じやすくなるのです。肩こりや頭痛、吐き気などの眼精疲労による症状を改善したいときは、定期的に目を休めてリラックスするなど、自律神経の調整をするようにしてください。

長時間のデスクワークによる眼の疲れを感じたときは、無理をせず1時間ごとに休ませることが大切です。遠くの景色を眺めたり、しばらく目をつむるのも良いでしょう。目の疲れを取るためのマッサージを5分~10分ほど行うのも良いですし、目薬を使うのも効果的です。自律神経が乱れているときは、同時に肩こりや背中のこりも解消しないとあまり改善しないので、軽い体操を行って上半身を動かすようにしましょう。また、ブルーべりー系のサプリメントは眼精疲労回復に期待が持てます。職場やデスクに持ち込み定期的に摂取することをおすすめします。

自宅では平気なのに、仕事の時だけ吐き気がする人は、パソコンの位置や角度に問題がある可能性があります。その場合は適切な位置に合わせるようにしてください。眼鏡やコンタクトレンズが合っていないときも眼精疲労が起こりやすいので、常に自分に合ったものを使うように心掛けましょう。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)から続く『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/
匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://www.facebook.com/asanoseikotsuin

記事一覧はこちら>>

ブログアーカイブ

2021年04月23日

僧帽筋こぼれ話