院長ブログ

2017-03

肩こりが原因で首痛や頭痛になってしまう。・・・どうにかしたい!

今日は3月31日、3月最終日です。3月は流れるように進んでいったので今月初めの雛祭りはかなり前のできごとのように感じます。さて、明日4月1日より匡正堂浅野整骨院はお1人お1人との施術時間をより大切に、またお待たせする時間を少しでもなくしたいとの思いよりすべての時間帯を予約制とさせて頂くことにしました。よろしくお願い致します。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

「肩こりを放っておいたら首までつらくなってきた。」
「肩こりからくる頭痛や吐き気に悩まされている。」
肩こりを放置すると首痛や吐き気、頭痛などを併発することがあります。頭痛や吐き気が続くと仕事や家事にも影響が出るため、どうにかしたいと思っている人が多いのではないでしょうか?そこで今回は首痛や吐き気を伴う肩こりの解消法についてご紹介します。

入浴でリラックス

38~40度くらいのぬるめのお湯につかり心も体もリラックスすることで肩こりが解消される場合があります。ストレスによって血管が収縮すると筋肉疲労が起こって肩こりになる場合が。日常的に強いプレッシャーを感じている人などは、もしかするとストレスが肩こりの原因になっているかもしれません。ぬるめのお湯にゆっくり入浴することで血行促進効果が期待できます。肩こりの一因は血行不良にあるため、入浴で血の巡りを良くすることが肩こり解消につながる可能性があります。また入浴をすると副交感神経が優位になり睡眠の質を高めることも期待できます。つまり入浴が肩こりもストレスもしっかり解消してくれるかもしれないということ。肩こりだけでなく過度なストレスにも悩まされているならお風呂で心も体もリラックスするのがおすすめです。

適度に体を動かす

デスクワークなどで同じ姿勢を続けていると血行不良となり肩こりにつながる恐れがあります。できれば2~3時間に1度は休憩を取り、固まった筋肉をほぐすために体を動かすのが良いでしょう。例えば肩を回したり、上下に動かしたりして筋肉を動かしてあげるだけでも固まった筋肉をほぐすことができます。肩に手を置き、前から後ろへ、そして後ろから前へという動きをそれぞれ5回ずつ続けるのがおすすめです。特にデスクワークの場合は画面に集中して首を突き出した姿勢が続くため、首や肩などの血行が悪くなりがちです。また眼精疲労も肩こりの原因のひとつ。長く机に向かう仕事に就いている場合は、できるだけこまめに休憩を取るとともに少しでも体を動かしてあげるのがよいでしょう。

どうしても解消できない場合は、「匡正術」を試してみませんか?190年続く施術で背筋を整えることで自然治癒力を引き出し、血行を良くするものです。京都市西京区桂にある『匡正堂浅野整骨院』では「匡正術」を施しています。これまでマッサージや整体などでも肩こりが改善されなかったという人もぜひ一度足を運んでみてください。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや>骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-31 | Posted in 院長ブログ

 

デスクワークでパソコンを使う仕事をしている人の肩こり解消法ってなんだろう?

整骨院の玄関先にメダカを飼っています。メダカくんたち寒い冬場はおとなしかったのですが、春の訪れとともに少しづつ活動を始めました。また、もう少し暖かくなると冬眠中のエビくんたちが土の中から出てきて賑やかに見てても楽しくなってきます。水甕の中も春をむかえ本来の状態に戻っていきます。今年はドジョウくんを2匹新たに迎えようとも思っています。私の秘かな癒しです。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


「パソコンに向かって作業していると夕方には肩がガチガチになる」
「デスクワーク中心でつらい肩こりに悩まされている」
仕事柄長時間同じ姿勢でパソコンに向かわなければならない人にとって、肩こりは職業病とも言えるつらい症状のひとつとなっているようです。そこで今回はデスクワークでパソコンを使う仕事をしている人へ肩こり解消法をご紹介します。

1、つらくなってきたら肩甲骨の運動をしよう。

仕事中に肩が重たく感じてきたら「肩甲骨」を動かす運動をしてみましょう。まずは、背筋を伸ばして座り直し、右手を右肩、左手を左肩に置きひじで円を描くように動かします。前まわし後ろ回しで5回づつ回したら肩に置いた手を上げ、肘を90度曲げた状態からさらに手を上に伸ばしては戻す運動を10回ほど繰り返します。その後、肘を曲げた状態のまま腕を体の真横から正面にもってくるこの動きを5回ほど行ったら終了です。この運動は「肩甲骨を動かす」ことを意識しながらゆっくりと行うと効果的です。

2、リラックスタイムを作って筋肉をほぐす

緊張したりストレスが溜まっていたりすると知らず知らずのうちに肩に力が入り肩こりの原因になってしまいます。
「肩が固いな」「肩こりがつらなってきたな」そう感じ始めたらリラックスタイムを作って筋肉をほぐすようにしましょう。
デスクでは肩に5秒間意識的に力を入れた後、力を抜く動きを数回繰り返すだけでも肩に無意識に入れていた力が抜けていき楽になります。また、帰宅後にはぬるめのお風呂にゆっくり浸かってリラックスタイムを使って筋肉をほぐすようにして肩こりを解消していきましょう。

3、正しい姿勢を心掛ける

デスクワークでパソコンを使っていると、どうしても姿勢が崩れた状態になり、肩に力が入ることが肩こりの原因となってしまいます。1時間に1回ほどこまめな休息をとるとともに休憩中に正しい姿勢に戻すよう意識付けることでも肩こりが解消されます。背筋をしっかりと伸ばし、パソコンにまっすぐ向かいながら肩が前に出すぎない正しい姿勢を心掛けるようにしましょう。

デスクワーカーの職業病ともいえる肩こりですが、つらい肩こりがなかなかとれなかったり頭痛の症状が出ていたりするときには、プロの手を借りてケアすることも大切です。

京都近辺にお住まいなら「匡正堂浅野整骨院」にいらして下さい。東京都杉並区にある『匡正堂本院』で13年修行を積み2013年4月に開業しまして匡正術による施術を受けられる京都で唯一の整骨院です。

つらい肩こりがなかなか治らなかった方でもスッキリ解消いたしますので、一度足をお運び頂いてはいかかでしょうか?


『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-29 | Posted in 院長ブログ

 

首痛はなぜ起こるのか?

3月もいよいよ終わりが近づいてきました。匡正堂浅野整骨院では4月より全ての時間帯を予約制に変更するので今年の4月は少しいつもの4月とは違う感じ緊張感もありワクワク感にも溢れています。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

肩こりが起きる原因には単純に姿勢の悪さだけでなく、姿勢が悪いことによる背骨の歪みなども関係しています。長時間のデスクワークなどの場合、正しい姿勢を保つことが難しいため、ついつい悪い姿勢をとってしまいがちになります。足を組んだり、肘をついたりすることで背骨が歪んだ姿勢になります。パソコン作業で画面をのぞき込むようにすれば背中が丸くなり猫背になります。正しい姿勢でいれば血液の流れはスムーズです。そのため疲労物質の蓄積も最低限で済まされることができます。

しかし、姿勢が悪くなると血液の流れは滞り疲労物質が蓄積されていきます。老廃物や疲労物質がその場に痛みや残ることで神経に痛みやこりが生じてきます。姿勢が悪い状態が続くと背骨がゆがむだけでなく、インナーマッスルにも影響が出てきます。そうすると歪みを改善しにくい状態に陥ってしまいます。

老廃物や疲労物質が肩に蓄積することで神経は刺激され脳が痛みを感じます。そのため、肩こりや首痛といった症状が現れてきます。そうならないためには、正しい姿勢を心掛けることが必要です。一時間ごとに正しい姿勢をとる、休憩時間を終えたら正しい姿勢を意識する、といったことで対策をしていくことができます。

また、ストレッチも効果的です。ストレッチを取り入れることで筋肉の緊張を和らげ、血行を改善して肩こりや首痛の予防や改善につなげることができます。しかし、頭では分かっていても、なかなか思うようにできないのが人間です。そんなときには専門家の力を借りるとよいです。京都・桂にある匡正堂浅野整骨院では、肩こりを改善したり、予防する施術を受けることができます。自分ではどうしてよいのか分からない背骨の周囲の施術を行います。背骨周辺のスジを治療することにより、肩こりの改善だけでなく腰痛や痺れといったお悩みを改善することも可能です。

施術の流れとしては、まずカルテに必要事項を記入し、具体的な症状をお聞き取りしてから施術に入ります。京都で肩こりや首痛でお悩みなのであれば匡正堂浅野整骨院にご相談ください。ホームページもありますので事前にどのような考え方なのか、どのような施術なのかなどを調べていただくこともできます。気になる料金についてもホームページに記載しております。受付時間や休診日などもご確認いただけますからチェックなさってください。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。


契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/


匡正堂浅野整骨院facebookページ


http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-21 | Posted in 院長ブログ

 

肩こりからくる頭痛は何が原因なのか?

3月もあっという間に月末。街では袴を着た学生さんを度々見かけるようになりました。最近では小学生だけではなく、幼稚園・保育園の卒園児さんも袴を着る子がいるんですね。かわいくてちょうっと素敵だなと思います。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

ずっとデスクワークをしていると肩こりに悩まされることがあります。肩こりがひどくなると頭痛につながることもあるので要注意です。では、そもそもなぜ肩こりが発生するのでしょうか?その原因について考えていきましょう。

肩こりが発生する理由はいくつかありますが、そのうち一つは姿勢が悪いことです。座っている姿勢が悪いと頭や首を安定させようと首の筋肉を使うことになります。それが長時間に及ぶと筋肉が緊張してしまい、ついには肩こりが発生するようになるのです。

二つ目の原因は、猫背の場合です。猫背は首が前に出ている状態ですので、自然に背中も曲がってしまいます。背中が曲がると肩の筋肉が緊張してしまい、やがて肩こりにつながるのです。

三つ目の原因は、スマートフォンやパソコンが原因です。スマートフォンの場合でみると、通常画面をのぞき込むように見る人が多いでしょう。わざわざ背筋をぴんと伸ばしてスマートフォンを見る人はほとんどいません。首が前に出ると頭を支えようと肩の筋肉を使います。結果的にこれが肩こりになるのです。

では、そもそも肩こりと頭痛はどのような因果関係が考えられるのでしょうか?

これは肩こりがなぜ起こるかがわかれば、それほど難しくない理屈になります。肩がこるという状態は肩がこわばってしまい緊張している状態です。つまり普段よりも肩の筋肉が固くなっているのです。筋肉が固くなるとそれだけ筋肉に血液が流れなくなります。血液が流れにくくなると酸素を運ぶ量が減っていくのです。血管は体全体でつながっており、頭を流れる血液も酸欠状態になっているため頭痛につながるというわけです。

これを治すためには理屈からいえば肩の筋肉をほぐすことが重要です。

一つはストレッチをすることです。筋肉をゆっくり伸ばしたり縮めたりすることで固まった筋肉を柔らかくし、血液の循環を促します。血液の循環が良くなれば供給される酸素の量も増えていき、頭痛も解消されるでしょう。また簡単な方法として両手を大きくグルグル回すことで筋肉をほぐすこともできます。それぞれ50回ぐらい回すと凝り固まっていた筋肉が柔らかくなり、やがてそこを流れる血液も普段と同じ量になります。

それと同時に、普段からいすに座る姿勢や立っている時の姿勢をまっすぐにすることです。できるだけ肩に負担をかけないように首を前のめりにしないことが重要です。

肩こりと頭痛を治したければ京都桂の匡正堂浅野整骨院にいらしてください。肩こりと頭痛に対し専門的な施術を行わせていただきます。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行をよくする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-21 | Posted in 院長ブログ

 

腰痛を改善するセルフでできる体操

なんとなく、なんとなく春の近づきを感じる今日この頃です。実は密かに私も春の準備を始めています。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

机の前からめったに動かないハードなデスクワークに加え、日ごろの運動不足から慢性の肩こりや腰痛に苦しむビジネスパーソンは大勢います。肩や腰が痛むくらいで仕事を休むわけにもいかず、高熱が出て寝込むといった症状でもないので、つい放置しがちです。けれども何の対処もしないままでいるとやがて体全体に歪みが生じて、その歪みが内蔵に影響を及ぼすことにもなりかねません。

肩こりや腰痛は、わずかな時間に簡単な動作を心掛けるだけで痛みの度合いが軽くなってきます。慢性の場合、一気に症状を改善させるのは難しいですが、毎日少しづつ気を付けてるだけで、それ以上の悪化を防ぐことにつながります。よく紹介される腰痛体操は、うつ伏せになって上半身を反らしたり仰向けの状態で腰を持ち上げたり揺らしたりといった動作が多いですが、オフィスで行うのは不可能です。とは言え、最も動かすべきは、ほとんどの時間、同じ姿勢でパソコンなどと向き合っている仕事中ですので、イスに座っている状態で効果的なセルフ体操をしたいものです。

肩こりの場合は、肩を回したり座ったまま伸びをして軽いストレッチを行うことができますが、腰痛の場合は肩こり体操ではカバーできない面があります。肩こり体操より、いくぶん目立つ動作になってしまいますが、イスに腰かけた姿勢のままできる腰痛セルフ体操がいくつかあります。

まず、比較的目立ちにくい動作の体操では、イスに浅く座った状態で腰を両手で押して胸を張る動作です。部下や同僚の仕事ぶりを感心しながら眺める風情で、ちょっと誇らしげに胸を張って背中を反らした体勢のまま数秒間動きを止めます。無理をしない程度の反らした姿勢でいることがポイントです。数秒止めたら、数秒休んで、数回繰り返すことで大胸筋と腹筋がいい感じに伸びてきます。体を反らすのとは逆に体を丸めておなかを見る動作で腹筋とお尻の筋肉を鍛え、背筋を伸ばす体操もあります。

こちらは両足を軽く開いて両手でお腹を押さえて、へそ辺りを見るようにして頭を下げます。仕事でやや難題にぶつかって対処に集中している感じに見えるかもしれません。その状態でお腹を引っ込めてお尻を引き締め数秒間動きを止めます。この動作でも数秒休んでまた同じ動作を繰り返します。足を上げる動作の体操もありますが、仕事中はやりにくいですし、あまりたくさんの動作をやろうと思うと、かえって続かなくなってしまいます。肩こりストレッチに加えてこれらの動作を気が向いたときに行うだけで固まっていた体がかなりほぐれてきます。

予防を心掛けても長年の肩こり・腰痛の痛みは少しのきっかけでぶり返してしまいます。本格改善したい場合は京都桂の匡正堂浅野整骨院で筋(スジ)の治療を受けて下さい。自然治癒力を高め、体全体の負荷を軽くする『匡正術』が効果を発揮します。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする
『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773


※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-21 | Posted in 院長ブログ

 

腰痛の原因になるパソコンのいじり方

今日は春分の日。普段、定休日が月曜日のため今回のように月曜日が祝日や三連休と重なると人混みや渋滞にちょっと疲れてしまいます。でも観光客の方が増えたり、みんなが出掛けたりなさるのは素晴らしいことだとは思っています。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


長時間のデスクワークにより、腰痛に悩まれている人も増えてきています。しかし以前から長時間座り続けるのは喫煙行為と同じくらい害があるなどと言われるため、立ったままのデスクワークを可能としたスタンディング机を導入する企業が増加傾向にあると聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

そもそも私たち人間は立っている時よりも座っている時の方が1.5倍から1.7倍近く腰に負担がかかるため、座り続けると腰に悪影響があると言われています。デスクワークの方にとって腰痛は一種の職業病となっていますし、集中力の低下など仕事に何かしらの支障をきたしている方も少なくないはずです。

特にパソコンを操作する上で腰痛の原因となるのが猫背などの姿勢の悪さです。パソコンをいじる際には前かがみな姿勢になる事が多くなりがちですが、猫背は重心が前方へと移動するため、腰への負担が強くなり、腰痛や肩こりを引き起こす原因となります。

また、長時間のパソコン作業による眼精疲労も首や肩周辺の筋肉が緊張状態となり、血行不良を誘発して肩こりや頭痛の原因となります。眼精疲労により姿勢も乱れがちになることも多いため、眼精疲労が腰痛の原因になる場合もあります。

さらに、姿勢の悪さを作り出すのがパソコンのいじり方ですが、前かがみの姿勢を防ぐためにはマウスの位置をキーボードよりも前方にした方が良いと言われています。腱鞘炎や肩こりを防ぐためにも、出来るだけマウスから手を離す習慣を付けることが大切です。キーボードの配置も肘を直角に置くのが良い姿勢を保つのに効果的です。パソコン作業による腰痛対策には正しい姿勢を保つことや血行不良を防ぐための休憩時間のストレッチなどがありますが、毎日作業を続ける中でそれらの対策を完璧に行うのは難しいでしょうから、対策を講じても腰痛・肩こりに悩まされることはあるでしょう。

そういった場合は肩こり・腰痛改善のプロと言える治療家に任せるのも有効な対策です。

京都市西京区桂にある匡正堂浅野整骨院では、190年以上の伝統がある独自の治療法を提供しています。この治療法は背筋(せすじ)を元の正しい位置に戻してあげる事で、自然治癒力を最大限に引き出し体全体の負担を緩和させるというものです。この治療法は難病の回復例もたくさんある治療法なので、他院では改善できなかった痺れ・腰痛・肩こりの改善も大いに期待できますし、最寄り駅から徒歩6分とアクセスも良いですから一度その治療法の効果を確かめてみられると良いと思います。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。


匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/


匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-20 | Posted in 院長ブログ

 

デスクワークをしている人の宿命『肩こり』

いままでは夜以外の時間帯は来て頂いた順番に治療させて頂いてましたが、4月からは日中の時間帯も予約制に変更することにしました。よりお一人お一人の方とな時間を大切にしたいためです。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


デスクワークは基本的に長時間パソコンに向かっている仕事になりますので、肩こりや首痛が慢性化しやすくなります。デスクワークをしている人の宿命だとも考えられます。ですが、少しの意識で最小限の症状に抑えられますので、まずは姿勢に注意してみましょう。姿勢が悪いと肩こりは起こりやすくなります。前かがみの姿勢でいると背骨が歪んでしまうほか、足を組んだりしてしまうと骨盤にも影響し捻れていきます。すると血液の流れも悪くなり筋肉も緊張したまま悪循環を引き起こしてしまいます。また長時間のデスクワークで眼精疲労から肩こりや頭痛にも繋がりやすくなります。

パソコンにずっと向かっているとどうしても姿勢が乱れやすくなりますので、肩こりを予防するためにも一時間おきに意識して姿勢を正すようにしていきましょう。また空いてるスペースがあれば筋肉をほぐすためのストレッチをすることや肩こりを軽減するためのグッズを使用するのもオススメとなります。毎日のデスクワークでは、どうしても姿勢が悪くなりますがそれは仕方ありませんので、日頃から予防する方法を心がけておきましょう。

仕事が終わって家に帰ったあともお風呂などに入って体を温め、なるべく筋肉をほぐすようにしていきましょう。また、姿勢はデスクワークの時以外でも正しくするように心がけていると、血流がスムーズになり肩こりも最小限に抑えられる可能性があります。姿勢の悪さは身体の歪みに繋がっていき肩こり以外にも首痛など様々な症状を引き起こしますので、適度にストレスを発散し緊張している筋肉をほぐしていくことが大切となります。姿勢をよくすることと血流をスムーズにさせることを意識すると予防になりますので日頃から意識しておきましょう。

京都・桂の匡正堂浅野整骨院は肩こりを根本から改善させていく施術を行っています。施術は症状や個人により変わってきますが、背骨の周囲の筋(スジ)や体に独自のアプローチをしていくことで極度に緊張している筋肉を緩めることができ腰痛や痺れを改善させていくことも可能です。

肩こりが慢性化して自分ではなかなか筋肉がほぐせない、極度の緊張状態により筋肉が固まってしまっているといった場合にめオススメです。また腰痛や頭痛、首痛などでお困りのかたも是非御利用ください。筋(スジ)の治療を中心として体全体の負荷を軽くし不調を改善させていきますので、これまでのやり方では改善しなかった方は匡正堂浅野整骨院の独自の治療を受けて頂くことをオススメします。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。


契約駐車場もございます。


匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ

http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-17 | Posted in 院長ブログ

 

デスクワークをしていて吐き気がする人に見られる特徴

昨日は雑用があり処理に時間がかかったため仕事場に泊まりました。たまに泊まることはあるのですが、泊まる最大のメリットは朝ゆっくりと眠れること。普段は5時過ぎに起きるのですが、今日は7時前まで寝てました。

お陰でスッキリ。睡眠って大事だと感じた朝でした。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


デスクワークをしているときは、体をあまり動かさないという点である意味楽ですが、腰痛や肩こりを伴うことが多くなっています。ですが、デスクワークをしていたからといって必ず肩こりが発生するわけではありません。例えば、肩こりが発生するのは、単に長時間イスに座っているからではありません。

イスに座っている姿勢がよくないから肩こりが発生するのです。

肩こりも最初のうちは、肩が重くなってくるような感じがするだけですが、これが慢性化してくると痛みなどが伴い、集中力が途切れてきます。人によっては頭痛が発生することもありますし、ひどい場合には吐き気を催すこともあります。肩こり吐き気は連動してやってくることが多いですが、実は肩が凝ったからといって吐き気を催すという因果関係はありません。肩が凝ったから吐き気を催すのではなく、疲労により肩こりが発生し、それと同時に吐き気を催すのです。

ではそれぞれどのように治したらいいでしょうか?

基本的に肩こりに関しては、肩の筋肉が硬くなっており血液の流れが悪くなっていることで重くなります。つまり、固くなっている筋肉をほぐしてやれば血液の流れも良くなり、肩こりが気になることはなくなります。要するに適度にストレッチをしたり柔軟体操することが大事です。また普段から筋力トレーニングをして首から肩にかけての筋肉を補強しておけば肩こりになりにくくなります。

これには時間がかかりますが、一度筋肉がついてしまえば後はよほどのことがない限り肩こりに悩まされることはないでしょう。

一方で吐き気を催しているときには、基本的に食事をしたくなくなるはずです。この時は無理に食事をせずに胃を休せた方が良いです。三食とも食べなくても、食べたい時に食べるという感じで問題ありません。冬場は特に食欲がなくなることも多くなりますが、そんな時はせめて体を温める飲み物を補給しましょう。具体的にはショウガやハチミツが入った紅茶を飲むことで体が温まってきます。それに加えて睡眠をしっかり取ることです。

ですが、それでもなかなか治らないこともあります。そもそも気持ち悪くなるということは、かなり体が悲鳴を上げている状態です。場合によっては身体の専門家に見てもらうのが良いでしょう。

肩こり・首痛・頭痛で悩まれたなら京都桂の匡正堂浅野整骨院はどうでしょうか?
施術のプロですので体の疲れがほぐれるだけでなく、精神的にリラックスすることもできます。

結果的に疲労感がなくなり楽しく毎日を過ごして頂けることになるでしょう。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ

http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-15 | Posted in 院長ブログ

 

肩こりの治療で改善できることはここまであります。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

+++

現代、中高年のみならず若者も悩ませる代表的な症状が『肩こり』です。

原因としては、
眼精疲労・頭痛・首の痛みからくるもの、
筋肉のバランス、メンタルバランス等様々
です。

このような要素が絡み合ってしまい、肩の不快感が出てくるのです。
その不快感、心身のストレスが持続してしまうと交感神経が働き、
さらに血液循環を停滞させ、肩こりを増幅
させます。

特別肩に負担をかけているわけでもない、
体を休めてもすぐに症状が出てしまうなど
慢性的な痛みがある人もいます。

放置しておくと肩こりだけでなくイライラしたり、
眠れなくなったりするなど精神的にも
つらくなってきてしまいます。

日本人の国民病とまで言われる肩こりですが
現在は改善方法としてマッサージ療法やストレッチ、
薬物療法が効果的
だと言われています。

そこで整骨院に通うという方も増えてきているのではないでしょうか?

明らかな原因疾患がある場合、治療が必要です。
自分でストレッチを行うとしても限界があるため、
治療をしてもらうことで改善したという例も数多くあります。

肩こりは慢性的なもので簡単には治せないんじゃないか、
そうお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
適切な治療を行うことで肩こりは『治せる』のです。

その場しのぎの肩こり改善方法はいくらでもあります。

痛み止め、注射で様子を見るのが
定番になってきていますが、
それは根本的な解決にはなっていないのです。

京都桂にある匡正堂浅野整骨院では
肩こりに悩む方を始め様々な症状を改善へと向かわせます。


他の病院や接骨院・整骨院では治らなかったという
数多くの患者様と接してきました。

「匡(ただ)しく救い正す」という意を持って屋号を「匡正堂」と命名し
基礎を確立したのは天保年間(1830年)まで遡り190年の歴史を有します。

現在の日本人の肩こりは脊柱および
背筋に問題があると言われています。

そんな現代に合わせた「背筋・筋」を基本とした
独特の治療法
である「匡正術」を生み出しました。

一般的に肩こりが治りにくい理由として
骨の歪みや姿勢の悪さが挙げられます。

痛みがあるとき人間は無意識に下を向いてしまいます。
そうなってしまうことで、どんどん姿勢が悪くなってしまうのです。

そんな骨の歪みを匡正することで
関連する筋肉・筋膜・靭帯・腱の異常緊張がほぐされ
交感神経の影響で悪くなっていた血液の流れが良くなり
本来持っている自然治癒力が活性化し改善
されていくのです。


+++
匡正堂浅野整骨院は阪急電鉄桂駅西口から徒歩6分の場所にあり、
専用駐車場も完備しているのでアクセス抜群です。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。
契約駐車場もございます。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、
血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ
http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-10 | Posted in 院長ブログ

 

最近、肩こりの他に吐き気の症状も出てきたら

今日はすごく気持ちの良い青空です。昨日までの寒さも落ち着き、暖かく春を感じさせてくれます。
寒いよりは暖かく、気持ちの良い青空の方が私はやはり好きです。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

肩こりに悩んでいる人は少なくないでしょう。その原因の一つは姿勢が悪いことです。例えば椅子に座る仕事をしている人であれば、前のめりになりながら仕事をすることが多くなり、首を支える肩の筋肉が緊張します。その状態が長く続くと肩の筋肉が硬くなり血行が悪くなるという流れです。

血行が悪くなると肩こりが発生します。

また、猫背で歩いている人も顔が前に出ているため、それを支える肩の筋肉が常に緊張している状態で、結果的に肩こりが生じるのです。このように肩こりになるには、それなりの原因がありますが中には肩こりがひどくなり吐き気を催すこともあります。

では、肩こりと吐き気の間にはどのような因果関係があるのでしょうか?

実はこの二つにはあまり因果関係がありません。

基本的に肩こりが起こるのと吐き気が起こる原因はどちらも疲労によるものです。疲労が激しくなると共に血行の流れが悪くなります。それが肩こりにもなりますし、胃の方に来ると吐き気につながってくるのです。つまり、肩こりを治そうとしても吐き気を治すことは難しいでしょう。

それぞれ別に対応する必要があります。

肩こりを治すためには、血行を良くすることが重要になります。血行を良くすることで肩の筋肉のこわばりがなくなり、肩こりが解消するのです。これを治すためには、まず姿勢良く座ることが大事になります。姿勢が悪い状態で座り続けるのではなく、良い姿勢を保つことを意識しなければなりません。そしてストレッチをすることも重要です。筋肉を伸ばして軽く動かすことで緊張がほぐれ凝りがなくなってきます。うでを上にあげたり手を伸ばした状態で回転させてみたりすると、徐々に肩こりがなくなってくることに気がつくでしょう

一方で気持ち悪くなった場合には無理に食べないことが大事です。

気持ち悪くなるということはあまり良い状態ではありません。つまり、疲労もかなりピークになってきている状態なのです。その状態で胃に負担をかけて無理に食事をとっても、さらに気持ち悪さが増すだけです。このような場合には、食べ物の代わりに温かい紅茶などを飲むと良いでしょう。体を温めるという意味でショウガ入りの紅茶を飲むと吐き気が治ってきます。気持ちが悪いのが治れば食事をしても大丈夫でしょう。

もしそれでも体調に不安があるという場合は専門家に見てもらうのがよいかもしれません。

京都・桂にある匡正堂浅野整骨院は、その道のプロになります。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ

http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-03-10 | Posted in 院長ブログ

 

1 / 212