院長ブログ

2017-02-22

背骨のバランスを矯正すると肩こりにはどんな効果があるのか

今日はやや寒いけど気持ちの良い青空の朝でした。人間も動物なのでやはり自然環境の影響は受けますね。今朝は気持ち良かった。体も気持ち良かった。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


近年では頭痛やつらい肩こり、首の痛みなどで病院を受診する人が増えています。デスクワークやパソコン作業によって引き起こされるものでもあり、職業柄しかたないと諦めてしまっている人も多いでしょう。しかしこれらの肩こりのような症状は、仕事中の姿勢の崩れからくる体の歪みによって引き起こされるケースが多いのです。そもそも人間の体は地球の重力に対して常に垂直に引っ張られています。立っている場合の姿勢として、頭から足まで直線となっている状態が良い姿勢であると言えます。

重力がかかることで前かがみになりやすくなりますが、背中の筋肉を緊張させることで対抗するのが理想の姿勢と言えます。しかし前かがみになったままの姿勢でいると、重力が無理な方向にかかるため猫背のようになり、体が前後に歪んできてしまいます。また体の歪みは前後だけでなく、左右のバランスが崩れることも多く見られます。右利きか左利きかによってもどちらかに負担がかかり歪みが生じるのです。

姿勢が悪いことで体が歪むと肩こりだけでなく、腰痛や頭痛、疲労感や不眠症などの症状や更には椎間板ヘルニアなどを引き起こす可能性もあります。

体が歪んでいるということは、背骨のバランスが悪くなっているということです。仕事中の動作が原因で背骨のバランスが崩れてしまうことがあります。例えば営業の仕事をしている時に、毎回同じ方の手で重いカバンを持ち歩いていたりすると、一方の手だけでその重みで引っ張られるので、体はバランスを取ろうとして反対側の腰が上がりがちになってしまいます。こうなると歩く時の足の向きや立ち止まっているときの姿勢もバランスが崩れてしまうのです。ショルダーバッグの場合には片方の肩が上がり背骨が横に歪んでしまいます。

パソコン作業をする人の場合、パソコンが机の右側にあり、資料が左側にあると仮定すると、体をねじった状態で作業することになります。毎日同じ方向にねじれた態勢で作業を続けることで背骨には大きな負担がかかっているのです。パソコン作業は筋肉を収縮させる動作であるため特に肩こりなどが生じやすいのです。肩こりがなかなか治らないといった症状が続くのであれば姿勢を見直す必要があります。

そこで背骨の歪みを矯正してみましょう。

背骨のバランスが良くなることで肩や腰にかかる負担もなくなり血流も良くなり結果として全身に血液や栄養分が行き届くようになるという効果が得られるようになります。

もしも京都で肩こりに悩んでいるのであれば匡正堂浅野整骨院では背骨の周りの筋(スジ)を整える施術も行っているので一度受診されると良いと思います。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齊籐整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院facebookページ

http://facebook.com/asanoseikotsuin

2017-02-22 | Posted in 院長ブログ