院長ブログ

2017-02-10

肩こり治療はどんなもの?

良かった良かった!今日は京都に大雪の警報が出ていたので朝の通勤がどうなるものか?と心配してましたが、今朝は傘もいらないくらい。このまま1日が終わってくれるのを祈ります。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。

肩こりは姿勢の悪さから起きる場合があります。パソコンの普及も増えて、仕事でも趣味でもパソコンを使用する機会が増えました。同じ姿勢を長時間続けると血行が悪くなり肩こりが起きます。肩こりだけでなく筋肉や骨にも影響してきて慢性の肩こりやヘルニアを引き起こしてしまいます。

まず、肩こりを緩和させるにはデスクワークですと椅子の見直しです。腰掛けた時に足首・膝・股関節が90度になるように調節しましょう。大切なのは、骨盤が固定されているかどうかです。椅子に座った時に背もたれとお尻の間に隙間が無いように座ります。隙間がある場合にはクッションなどを入れて坐骨を立てる感じにします。坐骨を直角にすると頭・背骨・骨盤が直角になり負担が少くなります。忘れがちですが車を運転する時のシートも骨盤が密着するように調節することが大切です。女性に多い座り方で横座りもバランスを崩しますので注意が必要です。座る姿勢は立ち姿勢よりも背骨に負担がかかるので肩こりになりやすいです。前かがみになりやすく背中をまるめると腰の骨の周辺に重みを集中させます。この姿勢を何時間も何年も続けていくと腰が耐えられなくなります。そして腹筋もなくなってしまいます。

猫背になると骨盤と腰が歪みます。そうなると肩こりだけでなく腰痛やヘルニアなど様々な症状に悩まされるかもしれません。日々の生活で気をつけることが大事ですが長い時間かけて記憶された骨は簡単に矯正できませんね。

そんな時こそ京都・桂にある匡正堂浅野整骨院がお勧めです。匡正堂浅野整骨院は背筋(せすじ)を中心とした筋(スジ)を治す、古来より伝承された手技で一人一人の症状に合わせて治療します。

筋(スジ)はおよそ3層構造になってます。

まず骨と骨をつなぎ合わせて姿勢を維持するための深くにある筋の狂いを調整します。姿勢を維持するために大切な筋です。そこを治療すれば、筋肉・筋膜・靭帯・腱などが解放されます。そして、浅いところの筋のひきつれを治し、血液・リンパの流れをよくします。腫れや炎症がある場合は匡正堂独自の湿布をします。必要であればご購入いただき、ご自宅で湿布を続けて頂き腫れや炎症の消失を待ちます。症状によってはテーピング処置も致します。

長年悩まされた肩こり・腰痛・ヘルニアなど他の病院や整骨院で治らなかった方も是非一度ご相談してみてください。お役に立てる方法はあると思います。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある『匡正堂齋藤整骨院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業ました。当院は「筋(スジ)」の治療メインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩/五十肩などでお困りなら是非一ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふたあじも違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。

TEL075-393-7773

※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行をよくする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ

http://asano-seikotsuin.com/

匡正堂浅野整骨院Facebookページ

http://facebook.com/asanoseikoysuin

2017-02-10 | Posted in 院長ブログ