院長ブログ

2016-09-07

負けるが勝ち

『負けるが勝ち』昔からよく聞く言葉で格言の定番。

阪急桂駅西口徒歩6分

匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。
『負けるが勝ち』実はよく分からなかった言葉。カウンセリングの世界で

負けを認める。損することを認めると自分自身がすごく楽になる。

とよく言われますが、
よく分からなかった。分かりたくはなかった。

しかし先日あることが起こり、自分自身に敵わない人・物・出来事が起こる。自分自身には太刀打ちできない人・物・出来事があることを痛感。

いままでにも、もちろんそういったことがあるのは知っていましたが、なぜか今回は心底痛感。
そういったことがあると腹で感じ切り諦めました。

いままでは無意識に勝とう勝とうとしていたかも?

でも負けを認めたとき、自分自身には太刀打ちできない人・物・出来事があると認めたとき、すごく自分自身が楽になりました。

この感覚はなんだろう?結構清々しい。

自分自身よりも人・物・出来事を大切にしていたかも?

これからは自分自身をもっともっと大切にして自分自身と仲良くしようと思いました。

し自分自身を大切にしてもいいし、仲良くしてもいい。

ちょっとイラッとはしましたが、これを感じさせてくれた人には感謝だなぁ!

2016-09-07 | Posted in 院長ブログ