院長ブログ

2016-05

エステよりも

現代社会で仕事をしようと思うとパソコンなしで仕事をすることはほぼ考えられないと思います。仕事でパソコン、プライベートや気分転換でスマホは便利で楽しいですが目や脳、首・肩に負担をかけるのも事実です。

本来の自分に戻ると楽(ラク)で楽しくホッとする。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

パソコン・スマホで目が疲れる、脳が疲れる、首・肩が痛くなる硬くなる凝るという方は非常に多いです。

特に最近多いのが肘の痛み。マウスで酷使テンキーで酷使スマホで酷使が原因のようです。
実際にテニスエルボー・野球肘のようにマウスエルボーという言葉もあります。手・腕・肘は使わない日はなく使いっぱなしになるので治るまで少し時間がかかるのが厄介なところ。

ーーー匡正堂浅野整骨院の定休日ーーー

毎週月曜日
祝祭日
第四・第五日曜日

第一・第二・第三日曜日は午前中診療

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体にはつながりがあるので首・肩に痛み・だるさ・こりを感じてらっしゃる方のほぼ100%に腕の疲労があります。

逆に腕に疲労がある場合も多くの確率で首・肩の症状に影響してきます。

ということは自分で首・肩のストレッチをしようとする場合には腕のストレッチも欠かさずした方が効果的ということになります。

ーーーーーー腕のストレッチーーーーー

肩幅に両足を開きたつ
片方の腕を反対側の肩に乗せ腰を捻る
そのまま風を切るように腕を振る

左右10回 遠心力で毛細血管の血液とリンパ管のリンパが押し出されるイメージで

五十肩など可動域制限や痛みのある方は出来る範囲でなさって下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
さてさて、うちでは首・肩の症状の方には必ずつながりのある腕も緩めます。(肘痛の方にはテーピング)

首から腕につながるラインは3つありますが首のサイドから手のひらにつながるラインはシビレ・脳循環・自律神経に関わるラインにもなるので特に重要視しています。

この大変重要なラインの緊張がきれいに取れると割りと即効的に頭がスッキリした。頭痛が取れた。とおっしゃって頂けます。

と同時に頬から手のひらへの血の流れ・リンパの流れが促進されるので想像もしてなかったアゴ下のたるみがなくなった。と女性には喜ばれたりします。右手のシビレで通ってらっしゃった方の右側のアゴ下だけスッキリしたので左側もお願い出来る?

なんて言われたこともあります。

ちょっとしたエステティシャンより短時間に効果的に結果が出るようです。

あくまで首・肩・腕の治療の結果ですが、女性がアゴ下のたるみがなくなるとこんなに喜ばれるものかと思うことはあります。

ちなみに私は柔道整復師という国家資格で働いてますがエステティシャンとしてもやっていけるのではと思うこともあるほどです。

やっぱり自分が美しく自信をもち誰の許可を得ることもなく、自分のやりたいことをやる。というのは素晴らしいことだと思います。

2016-05-28 | Posted in 院長ブログ

 

5月後半の休みのお知らせ

image

昨年10月から東京にカウンセリングの勉強に行き始めて早いもの7ヶ月が経ちました。

以前から興味があったカウンセリング。

土・日に来て頂く方にはご迷惑をお掛けし、休みすぎと言われたこともありましたがやっぱり行ってよかったと心底思っています。

自分の内面を知り・見直すことから始まりカウンセリングのテクニックの学習まであっという間の7ヶ月でした。

目の前に起こる問題は結局、自分自身の心の反映というのがようやく腑に落ち始めました。喜怒哀楽すべての感情に○×はなくすべて自分自身を知る大切な感情。

とくに怒や哀には自分自身が見ようとしない避けて逃げてきた感情を知るきっかけとなる大切な感情であることも分かりました。

わかれば後は自分がタブー視してたり、遠慮・禁止していたことに挑戦するだけ。

怖いですがどんどん自分の殻をやぶるため挑んでいきたいと思います。

というわけで

またまたご迷惑をお掛けしますが

5月21日(土)22日(日)は最後のカウンセリング勉強会ならびにカウンセリング認定試験を受けるため休みとなります。

ならびに

5月29日(日)は第5日曜日のため休みとなります。

5月23日(月)30日(月)は定休日です。

よろしくお願いいたします。

2016-05-18 | Posted in 院長ブログ

 

元気な人のやってること(主観)

同じような症状で同じような治療をしてるのに効果・反応が良い人と効果・反応がいまいちな人がいます。

私との相性、技術の限界もあると思いますがメキメキ元気になっていってイキイキなさる人には共通点があると思い始めました。(あくまで主観)

本来の自分に戻ると楽(ラク)で楽しくホッとする。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

メキメキ元気になっていく人また元気な人がやっていると思われること(主観)

①本音を言い。本音で生きてる。

自分の本音を言うとは、自分とは合わない人がいる場合に私は貴方のことが嫌いなどと相手を傷つけることを言うのではなく、私はこんなことをされると寂しい・辛い・悲しいなど自分の感情を上手に伝えることにあると思います。切ない・悔しい感情を溜めるのではなくサラリと上手に伝える。相手が受け取ってくれるかどうかは相手の問題としてストレスを溜める前に自分の感情を上手く処理されているように感じます。

同じ感情を出すにしても人が嫌がりそうなこと、触れて欲しくない部分に踏み込んでくる人、文句・愚痴・批判の多い人は治りが悪い気がします。(主観)

②やりたいことをやっている。

やりたいことをやっている人は『やりたいという目標・目的』があるのか『やりたいことをやって脳が活性化して楽しくストレスが少ないのか』やりたいことを我慢してる人よりも治りが早い気がします。ちなみに『やりたいことをやる』決断力は女性のほうが男性よりも数倍優れているように思います。

男性はカッコ悪い・恥ずかしい・お金がもったいない・忙しいを理由にやりたいことを我慢しやすい傾向が強い気がします。(主観)

女性は人とも仲良くならのが早く、おしゃべりも得意で男性よりも生きる力が強いように思います。

ー浅野整骨院にいらしゃる症状で多いものー

①首からくる頭痛・自律神経症状
②腰痛・坐骨神経症状
③膝痛
④体の調整
⑤突き指・足の捻挫などケガ

            
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろんな症状でいらっしゃいますが治るものは治る。治らないものは治らない。

出来ることをやる。

目の前の人を大切にし向き合う。

をモットーにやっております。体がダルい・重い・痛いときには1人で悩まず是非ご相談ください。整形外科・病院で治らなかった症状が改善することもあります。きっとお役に立てることがあると思います。お気軽にお尋ね下さい。

2016-05-17 | Posted in 院長ブログ

 

匡正堂の湿布

うちにいらっしゃる方との会話でよくあるものの1つが

「痛いときは温めるの?それとも冷やすの?温湿布?冷湿布?」

「腰が痛いとき肩が凝るときお風呂で温めると楽になるから温めたほうがいいんでしょう?」

「野球のピッチャーが投げたあとは肩や肘を冷やしているから使ったあとは冷やしたほうがいいの?」

という温めるか冷すかの体のケア的な会話です。

本来の自分に戻ると楽(ラク)で楽しくホッとする。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

image

みなさんそれぞれの経験で温めた方がいい。冷やしたほうがいい。とおっしゃいますが、私自身の考えとしてはダルい・重い・気だるいときには温めたほうが、ぎっくり腰・首の寝違い・足首の捻挫など急に現れた痛みやうずきの場合には冷やしたほうがいいと思っています。

実際そうしたほうが治りが早いと経験で思っています。

私のイメージでは体がダルい・重い・気だるい場合は体に疲労が溜まりこびりついている状態。例えて言えば油ものをしたあと飛び散った油がコンロ回りでギトギトになっているような状態がからだのなかで起こってるようなものと思っています。

冷えて固まると白くコチコチになり中々拭いても取れない。

疲れきっている場合にはすき焼きをした次の日の鍋みたいなイメージです。

片付けるために掃除をしようと思ってもちょっと熱を加えて白くコチコチになった油の固まりを溶かさないとどうにもならない。

体がダルい・重い・気だるいときはこんな状態なのでお風呂でよく温まり疲労を熱で溶かし血流を促して疲労を洗い流さないとお鍋を掃除して片付けられないのと一緒で体からダルさ・重さ・気だるさが抜けない。だから温めた方がいいと思っています。

逆にぎっくり腰・首の寝違い・足首の捻挫など急性の痛みうずきの場合は、急性炎症つまり油が入ってるお鍋に火を加えて炎が燃え盛ってる状態(これが伊丹)なので冷やして炎を止めないと火事や大惨事(さらなる痛み)になると思っています。

ですので急に現れた痛みやうずきの場合には火事や大惨事にならないように早急に痛みの原因である熱を処理しないといけない。

では氷水でギンギンに冷し続ければよいかと言えば、そうとも思わずある程度熱が取れればギンギンに冷すのは止めたほうがいいと考えています。

ではそのタイミングはと言えばこれまた難しく、ひとによれば皮膚の感覚がなくなるまで冷やせといいますがそれはやり過ぎと思っています。

ではどの程度冷すのかと言えば、皮膚の温度が必要以上に下がらない程度で氷水をとるベストタイミングと考えています。

ーーー浅野整骨院の治療の目的ーーーー

・自分のやりたいことをやって頂く
・ワクワクする毎日を過ごして頂く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

氷水を利用して熱を取る方法は一部の人達で流行っているようですが、実際やってみると面倒くさいく実用的でないので冷湿布の登場になるのですが市販の湿布はスースーするだけであまり効果がないようです。

宣伝になりますが、匡正堂は約200年の歴史ですが使用する湿布は実に特殊で効果抜群です。

もともとは骨折・脱臼の治療に使用していたもので自然・天然由来の成分のみで手作りです。

気化熱を利用したもので必要以上に皮膚の温度を下げず患部の熱を吸収してくれます。

急な痛みやうずきが出てきた場合には是非お使いください。

きっとお役に立てると思います。

湿布のみの販売も致しますが、一度治療をさせて頂いた方に限ります。

2016-05-11 | Posted in 院長ブログ

 

治療の目的

・やりたいことをやって頂く
・ワクワクを増やし毎日を輝かせる

体が痛い・だるくなると心に不安感・恐れ・心配がでてきて行動にもブレーキがかかり楽しくない・なんか辛い・気持ちが乗らないなんてことになりがちです。

本来の自分に戻ると楽(ラク)で楽しくホッとする。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

うちに来て頂いて治療する目的は

・やりたいことをやって頂く
・ワクワクを増やし毎日を輝かせる

ためだと思っています。

自分自身のことを振り返っても体が痛い・辛い・だるい毎日が続くと、この先どうなるものか?もう嫌だ~~‼何とかしてくれ~~‼と不安感・怖さに襲われ逃げ出したくなります。

マイナスのスパイラルに入ります。

内科的な病気があれば病院でしっかり治療が必要になる場合もあるでしょうがそうでもない場合、人間には相当すごい自然治癒力が備わっているので自然治癒力が発動されるようにもっていけば当事者の本人でもびっくりするくらいの回復力が沸き起こり辛い毎日がイキイキした毎日に変わることが多々あります。

ーー特にこんな診断のつけられ方ーーー

脊柱管狭窄症
頚椎症
自律神経のみだれ
耳鳴り・めまい・不眠

勝手にあきらめたり整骨院ではダメと決めないで下さい。匡正堂約200年の歴史で培われた特殊かつ独特の手技療法で整形外科・病院では治らず、保険のきく整骨院ではなんともならなかった症状に効果がでたケースは本当にたくさんあります。

ーーーどんなことをするのか?ーーー

筋肉・靭帯のつながり、いわゆるスジは体のなかで3層構造になっています。そして、それぞれの層のスジでひきつれ・よじれ・縮みを起こすのですが、それぞれの層のひきつれ・よじれ・縮みを取り除きそれぞれの層の血液・リンパの流れを促すようにします。そうするとそれぞれの層に新しい栄養・酸素が送り込まれ、老廃物や疲労物質いわゆる淀みが取り除ぞかれ新陳代謝があがり体が活性化良くなっていきます。

それぞれの層には抹消神経も絡んでくるのでスジの拘約によるシビレにもアプローチできます。

①ベッドにうつ伏せになって頂き一番深いところにある背骨沿いの姿勢維持や骨と骨をつなぎ合わせるスジを整えます。

ポキポキするの?なんて聞かれますが痛くも恐くもないです。

②一番深いところにあるスジの狂いがなくなれば、浅いところにある動き・動作に関わるスジを整えます。

これも痛い?とよく聞かれますが、いた気持ちいいとおっしゃる方がほとんどです。

③必要であれば関節の狂いを整えたり、テーピング、手作りの独自な湿布をつけて終わります。

だいたい15分前後で終了です。

毛細血管の流れリンパの流れがよくなると体がぽかぽかしてくるのでお帰りの時には体が温かくなってきた。

また目がスッキリしてきた。

とおっしゃる方が多いです。

これらも体の奥に潜んでいて良くなろう良くなろうとしていた自らが持っていたけど自らが押さえつけて蓋をしていた自然治癒力が発動し沸き上がってきた証拠です。

蓋をあけるのに少し回数がかかる場合もありますが、1回で何かしらの兆候がほとんどの場合で出ます。辛い苦しい時は1人で悩まず早い目にいらして下さい。

きっとお役に立てると思います。
  

2016-05-04 | Posted in 院長ブログ