院長ブログ

2016-04

ゴールデンウィークの休み

image

ゴールデンウィークの休み

4月29日(金)

5月2日(月)から5月5日(木)

まで休診となります。

4月30日(土)は
通常通り午前9時~12時30分 
    午後3時~5時

5月1日(日)は
通常通り午前9時~12時30分

診療しています。

ならびに

5月21日(土)22日(日)は最後のカウンセリング勉強会参加になるため休診となります。

よろしくお願いいたします。

ゴールデンウィークはお正月以来たまった疲労を取り除く期間。またお盆休みまでの栄気を養う期間と考えています。皆さまにとって素敵な休みになるようにお祈りしています。

          匡正堂浅野整骨院
              浅野真弘

2016-04-26 | Posted in 院長ブログ

 

匡正堂・匡正術について

うちの治療は一度うけて頂くと効果・特殊性・保険を使う整骨院との違いをはっきりと感じてもらえるのですが、口や文字で説明しようとしても中々難しい面もあるのですが今回は私がやってることを知って頂くために文字にしてみたいと思います。

本来の自分に戻るって楽(ラク)で楽しくホッとする。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

はじめて治療させて頂いて多くの方が「こんなことしてもらったの初めて」「あ~~痛みが楽になった。」とおっしゃります。なぜならば、うちの治療法は100%独自のもので使ってる材料・湿布も手作り。よそにはないものづくしでやっているからです。

--こんな症状の方が多いです--

手のしびれ・ひきつれ
足のしびれ・ひきつれ
坐骨神経痛症状
首・肩・背中の痛み・こり
頭痛・めまい
慢性腰痛
ぎっくり腰
膝痛
自律神経症状
眼精疲労・不眠

ーーこんな治療法ですーー

~あらゆる体の異常は筋(スジ)の狂いから~

体のどの部分の異常・痛み・だるさでも背骨を支える背筋(せすじ)に狂い(痛みにのフィードバック)を起こし、この狂いが症状を改善させなかったり別の場所の異常・痛み・だるさにつながります。

匡正堂ではこの背筋(せすじ)の異常を古来より伝承された手技により戻し、ひきつれた筋肉を緩め硬くなった関節の動きを改善してそれらに伴う痛みを和らげてなくします。

全く恐くもないし痛くもないです。

ほとんどの症状は筋(スジ)が異常に緊張し歪ませていることが多いのです。背筋(せすじ)を匡正(整え)すると本来持っている自然治癒力が活性化し血液・リンパの流れが良くなって様々な症状に施術効果が出ます。0歳から100歳まで妊娠中の方でも特殊な場合を除き施術します。

匡正術はスジ治療といわれ、約190年の歴史があります。

image

ーー匡正堂の歴史ーー

①『初代 齊藤玄悦』
(うちの奥さんのひーひーおじいちゃん)

漢方医 天保年間(1830年)に匡正術の基礎を確立。匡正堂は約190年の歴史となります。

②『二代目 齊藤周治』
(うちの奥さんのひーおじいちゃん)

古代武道(気楽流柔術)の奥義をきわめ免許を皆伝される。活法術・殺法術の厳しい修業の中から『柔術は殺すにあらず活かすにある』ことを学び、もっぱら活法の術を研究練磨し活かすとは古来漢方学に言われるところの経絡に活の術を与え、肉体に「気」すなわち「活の気」を入れることと悟り齊藤家秘伝の技としてこれを「気絡流柔術」と名付ける

③『三代目 齊藤正』
(うちの奥さんのおじいちゃん)

気絡流柔術を民間治療である柔道整復術に取り入れて長年の研鑽と努力の結果、現代に合わせた独自の脊椎及びスジを基本とした匡正術をうみだした。

④『四代目 各院長』
(うちの奥さんのおじさん達)

東京 首都圏を中心に約20店舗に拡大させる。国家資格柔道整復師の免許取得10年が最低条件

私も東京杉並区にある
匡正堂本院 齊藤光生院長のもとで13年間修業しました。

1日約40人の方の治療をしていたのでトータルで計算すると約130,000人の背中を触ったこととなります。

京都・桂で開業して4年目となりますが改めてますます研鑽を積んで目の前の方に楽しくワクワクした生活を過ごしていただけるように努めていきたく思います。

匡正堂にいらっしゃる方の多くは整形外科では治らなかった。保険のきく整骨院ではもの足りなかったとおっしゃる方がほとんどです。内科的な病気からくる痛み・だるさでなければ多くの場合にお役に立てます。ぜひ何かあればご相談ください。

2016-04-23 | Posted in 院長ブログ