院長ブログ

2014-06

わが家で植え付け!

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

中村ガラスさんで頂いた野菜の苗をわが家で植え付け!

地域の子供たちの食育まではいきませんが、わが家での食育スタート

image

image

image

2014-06-22 | Posted in 院長ブログ

 

中村ガラスさん

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

我が整骨院の斜めむかいにある『中村ガラス』に野菜の苗を頂きました!
子供たちの食育教育のために子供たちと畑に植えて育て食べる苗の一部です。

自宅に持って帰ってわが家の子供たちと一緒に植え付けし食したいと思います。

《感謝》

image

2014-06-18 | Posted in 院長ブログ

 

22日(日)と23日(日)休診

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

匡正堂柴又では

『女95才男88才までは元気で自分のことは自分でする。元気で長生きは世の為、家族の為、我が身の為、足は第二の命です』

をモットーになさってます。

匡正堂浅野整骨院も意識していきたいと思います。

さて、6月22日(日)29日(日)

は第三・第四日曜日のため休診となります。

梅雨時期の陽気負け対策にも早めのメンテナンスをお勧め致します。

二百年の伝統治療
匡正堂浅野整骨院

2014-06-17 | Posted in 院長ブログ

 

気象病

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

気象病とは天候や気温などの気象の変化によって体調が悪くなることです。
気温・気圧・温度などの急激に環境が変わることで体が負荷を感じ自律神経が乱れ、頭痛・吐き気・不眠・ダルさ・古傷の痛みなどが起こりやすくなることです。

日頃から適度に体を動かしたりストレッチ・入浴などで血行促進をすることが大切です。気分転換をしてストレスを溜めないようにも心がけましょう。

当院の治療によって血流がよくなり筋肉の緊張を減らすことで予防・症状軽減になります。

二百年の伝統治療
匡正堂浅野整骨院

2014-06-14 | Posted in 院長ブログ

 

梅雨と体調管理

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

梅雨時期に悪化しやすい症状をご紹介します。

①うつ症状
   気圧低下などの影響により気分も憂鬱になりやすくなります。

②喘息・気管支炎
  高温多湿でカゼ・ダニが発生しやすいため換気・除湿・エアコンの掃除などをこまめにする。

③神経痛・リウマチ・気圧変化
   クーラーによる冷えが原因です。服装などに気を付ける。首・お腹・足首も冷えないようにする。

梅雨時期は体も余分な湿気(水分)を溜め込みやすく様々な不調があらわれます。湿気は重く下に溜まりやすいので特に下半身のむくみや水太り・ダルさ・関節痛・頭痛・胃腸の不調など余分な湿気が原因で血の流れを滞らせてしまうことで不調が起こります。

体に湿気を滞らせらせないために「乾かす、温めることで体に溜まった余分な湿気を取り除いて排出することが大切です。」

(1)体を冷やさず温める。寝るときも長袖・長ズボン
(2)クーラーや冷たい飲み物・生物を控える
(3)除湿する
(4)利尿効果のあるものを食べる
バナナ・冬瓜・海苔類・アサリ  

2014-06-13 | Posted in 院長ブログ

 

便秘と腰痛

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

あまり知られていない事実ですが便秘が原因で腰痛になることがあるんです。

便秘により周辺にある器官や腸が膨張し圧迫され血行も悪くなりそれに伴って腰痛が引き起こされていることが原因です。

特に冷え性の方、1日中デスクワークをされている方、運動不足の方などは注意が必要です。

水分不足は便秘の原因の一つです。

量は1.5リットル一気に補給せずにこまめにとりましょう。

腰痛&便秘を治すための運動で最適なのは全身を使った有酸素運動です。

特にお勧めなのが特定の箇所に負担をかけることも少ない水泳・ウォーキングです。

2014-06-12 | Posted in 院長ブログ

 

病院で渡される湿布の副作用

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

京都も梅雨入りしムシムシしたり真夏のように暑くなったりで変化の激しい毎日です。

ムシムシ暑いので汗をかく機会が増えます。あまり知られていないのですがこういうときに起こりやすいのが

http://bit.ly/1pubw2F

モーラス等の湿布を貼りすぎて皮膚の色が変わってしまっている方もよく見かけます。痛い・ツラいですがどうせ貼るなら自然の成分で作ったうちの湿布の方がお勧めです。

2014-06-10 | Posted in 院長ブログ

 

潰瘍性大腸炎

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

かつて大腸の粘膜がただれて出血する難病指定の潰瘍性大腸炎に侵された時に薬が効かず調べて見つけたのが『納豆菌』

大腸内の環境を抜群に整えくれ見事に難病指定を克服!

大腸が調子を崩すと体がダルくなり気力がなくなります。

最近また生活の乱れか、かつてのあの状態に近づいてきたので久しぶりに『納豆菌』を取り寄せました。

酒絶ちもしながら3日目はやくも大腸の調子が整いはじめ、ここしばらくなんとなく不調だったのが嘘のよう。

普通に戻る有り難さに感謝してます。

『納豆菌』に感謝です。

調子のいい時に悪い芽をつくると言われたのを再確認しました。

image

2014-06-05 | Posted in 院長ブログ