院長ブログ

2014-05

寒暖差アレルギー

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

ここ数週間1日のなかでも暖かい寒いの差が激しいためか「疲れやすい」「睡眠トラブル」「食欲不振」「イライラする」などのお話をよく聞きます。

また「花粉症」でも「鼻炎」でもなかったのに透明の鼻水がでる。「くしゃみ」や「咳」がでて「風邪」のように思うけど熱はない。

などとおっしゃる方もいらっしゃいます。

あまりにも多く長引くので調べてみると『寒暖差アレルギー』というものを見つけました。

人間は自律神経の働きによって寒い時には血管を縮め体温を逃がさないようにし、逆に暑い時には血管を広げ温度差に体を適応させています。

しかし自律神経がスムーズに適応できる寒暖差は約7度、それより大きな寒暖差には自律神経が適応できず体がアンバランスになり様々な症状がでるようです。

また大きな温度差の刺激が鼻の粘膜の血管を広げ粘膜がむくむことにより鼻づまり・鼻水などのアレルギー症状につながるそうです。

対策はぬるま湯にゆっくりつかる、筋肉をつけて発熱機能を高める(運動不足解消)、着るもので調節。

花粉症では目が充血しますが『寒暖差アレルギー』では充血しないので目安にもなると思います。

わたしたちの中に眠っている自然治癒力を目覚めさせて毎日をもっと楽しみましょう!

2014-05-28 | Posted in 院長ブログ

 

肩こりストレッチ

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

肩こりで困っている方は相当多いと思います。治療でなくすことも出来ますが、やはり仕事の合間もしくは家事の合間に(筋肉が固まる前に)ストレッチなさるのが非常に大切になります。

image

image

image

image

image

2014-05-27 | Posted in 院長ブログ

 

朝の起きがけが痛い!

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

朝の起きがけが痛いとか動作のし始めに違和感を感じるとよく聞きます。これは『~しっぱなし』の状態『寝ぱなし』や『座りぱなし』により筋肉が固まってしまい起こる違和感です。

朝目が覚めて寝転んだままで<う~ん>と伸びをしたり、ちょっとパタパタと足首を曲げ伸ばししたりする動き。誰もが無意識にしているのではないでしょうか?

この動きは脳に「体を動かすぞ」という指令を出し、刺激を与えます。そしてその結果、意識がさえすぐにパッと体を動かすことができるのです。

実はこれも「このほうが目覚めやすい」と私たちが無意識に行っているストレッチだと言えます。こういったことから寝ぼけている脳を起こすためにもストレッチは効果的です。

寝ている間は身体の姿勢を保つために背中側の筋肉がずっと使われていて縮まっている状態です。

逆に前側の筋肉はあまり使われていないので緩んだ状態になっています。

ストレッチはこうした縮み・緩みをリセットし血液の流れをよくして、体を動かしやすい状態に持っていってくれます。

つまり朝のストレッチは眠っていた心と体を起こしアクティブに活動する準備をしてくれるものなのです。

2014-05-24 | Posted in 院長ブログ

 

飲み代

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

先ほど開業すぐから中京区よりお越し頂いてるご夫婦がいらして下さいました。

具体的な年齢は公表できませんが、遊び心たっぷりで若かりし頃は相当たのしまれていたんだろうと想像がつきます。

いつも会話が楽しいのですが今日も

若い頃は飲み代と言えば『酒』にだいぶつぎこんだけど、最近は飲み代=『薬』になってしもたわい!

とおっしゃっていました。

いつまでもお元気で楽しく生活して頂きたいです。3週間に1度はメンテナンスなさって下さい。

2014-05-23 | Posted in 院長ブログ

 

変形性膝関節症

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

膝が痛いとおっしゃる方は多いです。
膝痛のなかで一番多いのが変形性膝関節症による膝内側の痛み。

はじめは椅子から立ち上がり歩き始めるときの痛みを訴えられ徐々に歩いている時に痛くなるとおっしゃる方が多いです。

変形性膝関節症では何もしないときに(動かさないときに)痛みはなく、何もしないときに痛みがでる時には関節リウマチ・偽痛風・痛風性関節炎・化膿性関節炎などが疑わしく特に夜間自発痛があるときは病院で検査された方がよい場合もあります。

匡正堂では変形性膝関節症に対しては独自の治療方法をもっていますが、それでもある程度のモモの筋肉量は必要になります。

楽しく筋肉をつけて頂き治療をすると変形性膝関節症による痛みはなくなることが多いです。

2014-05-22 | Posted in 院長ブログ

 

漢方から見た手足の痺れ(シビレ)

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

①気虚失運(気の拍動不足による血運低下のしびれ)

慢性病・疲労・老化などで気が不足し四肢が痺れ(シビレ) て元気がない、疲れやすい、息切れを伴う

②血虚不栄(血の滋養不足によるしびれ)

産後・出血・熱病・慢性病による消耗・老化・気虚による生血不足などで痺れ(シビレ)を呈する。四肢の痺れ(シビレ)が運動時に増強し、筋肉のひきつり、目の疲れ、顔色が悪いなどを伴う。

③内風憂乱(内風による経絡の乱れ)

肝風内動は高血圧症や更年期障害・自律神経失調症でよくみられ、肝の陰血が不足することによる。四肢の痺れ(シビレ)・頭痛・ふらつき・手のふるえ・腰のダルさ・下肢の脱力などがみられる。

④その他多数

2014-05-21 | Posted in 院長ブログ

 

25日(日)は休診です。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

5月25日(日)は第4日曜日のため休診となります。

手足の痺れ(シビレ)・からだの痛み・ダルさには必ず何かしらの原因があり結果がでます。

病気からくるものは病気を治さなくては解決しません。手術や薬を用いなくては治らない症状はたくさんあります。しかし逆に病院では治らず相手にもされないと困ってられる方もたくさんいらっしゃいます。

このような場合、いわゆる筋違い(すじちがい)を起こされているのが原因となってる場合も多々あります。

案外背中の治療で思わぬ症状が消えたりもします。からだのことで何かお困りのことがあればご相談下さい。思わぬことでお役に立てるかもわかりません。

2014-05-20 | Posted in 院長ブログ

 

肩こり

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

厚生労働省の調査で女性では1番、男性で2番目に多い愁訴が<肩こり>です。

整形外科的に肩こりを解析すると

①脛椎や肩関節の運動に伴って症状がでやすい

②現在の仕事をストレスと感じている

③僧帽筋が固くなっている

となるそうです。

私なりの経験で肩こりをいいますと、頭の重みを首・肩が耐えきれないか腕の重みを首・肩が耐えきれない場合に起こることが多いとなります。

ストレスとの付き合い方・受け取り方も大切でしょうが身体を緩めることがまずは大切になると思います。

小学校などで先生の質問にこたえるために手を<はい!> と挙げたことはだれにでもあると思います。

あの姿勢では肘が少し曲がっていると思います。その肘を伸ばし誰かに少し引っ張ってもらい、そのまま揺らしてもらうと肩関節周辺の筋肉が緩みやすくなります。

これはゼロポジションと言われ肩甲骨を取り巻く筋肉が一番リラックスしているためです。

仕事場で疲れる前に試して下さい。これを寝ころびながらやれば効果敵面です。

肩こり体操にお使い下さい。

2014-05-18 | Posted in 院長ブログ

 

四十肩・五十肩

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

四十肩・五十肩といわれる症状があります。むかしは人生50年の時代でしたので江戸時代には五十肩のことを“長命病”と人々は捉えられていたそうです。
 
匡正堂浅野整骨院にも四十肩・五十肩の症状でいらっしゃる方がおられます。むかしは40代50代で四十肩・五十肩になる方が多かっそうですが案外60代後半から70代でこの症状に悩まさる方が増えてる気がしています。まさしく“長命病” でしょうか?

なぜ四十肩・五十肩が起こるかは直接転倒しぶつけた等理由がはっきりとしている場合もありますが多くは原因がわからないことが多いです。

肩周辺の筋肉が少し落ち繊維が硬くなるのが原因という説明もありますが、これに当たらない場合もあります。

ただ言えるのは肩の一番でっぱりの部分の奥に炎症がある場合が多いのは事実です。治療回数は一度で治ることはまれですが、匡正堂浅野整骨院の特殊な200年の伝統をもつ湿布はこの炎症に有効に働きかけてくれます。私自身も手技でこの部分にアプローチする技術が高まってきたように思います。

肩が動きにくいイコール四十肩・五十肩ではありません。筋肉や靭帯が切れている場合もあります。また肩関節前方に炎症がある場合もあります。適切にアプローチすると治りは早いです。

2014-05-17 | Posted in 院長ブログ

 

痺れ(シビレ)にも通じる?

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

銀座のママ 伊藤由美さんが書かれた本をいま読んでます。<リーダーになる人>28の共通点

①臭くない人
②声が大きい人
③風邪をひかない人
④おしゃれな人
⑤よく寝る人
⑥肉が好きな人
⑦よく笑う人
⑧名前を忘れない人
⑨欲得抜きで付き合える人
⑩相手で態度を変えない人
⑪恩を着せない人
⑫上司の悪口を言わない人
⑬決断できる人
⑭すぐ動く人
⑮チャンスで勝負できる人
⑯デキるけど警戒されない人
⑰ネガティブな発言をしない人
⑱叱り方が上手な人
⑲誰かのせいにしない人
⑳お酒の飲み方に 品  がある人
21きれいに身銭を切れる人
22義理を大切にできる人
23本気で熱中できる趣味がある人
24人前で妻を誉められる人
25見えない努力ができる人
26どこか憎めない人
27女性を見下さない人
28肩書きを欲しがらない人

どこか体調管理に似ているところもあると思います。さすが人間観察のプロ勉強になります。

ゴールデンウィークの楽しさの後の疲労で背中がこわばっている方が多いです。長期休暇のあと2~3日で疲れがでます。早めのメンテナンスを

2014-05-09 | Posted in 院長ブログ