院長ブログ

2014-04

匡正術(きょうせいじゅつ)

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

image

匡正堂の由来は古く天保年間(1830年)漢方医であった齋藤玄悦までさかのぼります。

二代目周治は幼少よりそのもとにあって漢方学を修め、また古代武道である気絡流柔術の奥義をきわめ免許を皆伝されました。

<匡正堂の由来>より

匡正堂(きょうせいどう)の治療は漢方学に基づき、背中を治すときには柔術の奥義に基づいています。

簡単そうにみえますが開業までには柔道整復師(厚生労働省)の免許取得後10年の修行が必要になります。

私自身も13年東京杉並の匡正堂本院で修行しました。

開業までは長かったですがいいタイミングで開業できたと思っています。

2014-04-25 | Posted in 院長ブログ

 

ゴールデンウィークの休診日

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

日中温かく感じてもまだまだ朝晩は寒い毎日が続いています。筋肉は冷えるとこわばる性質がありますので朝の起きがけや動作のし始めに硬くなった筋肉がいきなり引き剥がされ肉離れ・ぎっくり腰になる方が増えてきてます。

こういう急に痛くなった時には腫れがでますので熱とりを心掛けることが重要になります。逆にお風呂で温まる・カイロで温めるなど熱を加えると腫れが増長し激痛に変わって動けなくなる場合もありますのでお気をつけ下さい。

4月27日(日)~4月29日(火)
5月    3日(土)~5月    6日(火)

はゴールデンウィークで休診となります。

4月30日(水)5月1日(木)2日(金)

は通常通り診療しております。          

2014-04-24 | Posted in 院長ブログ

 

22日(火)は昼から休診

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

22日(火)は勉強会に参加のため昼から休診となります。

よく聞かれることに、痛くなったら温めた方がいいの?冷した方がいいの?
という質問があります。

ぎっくり腰・首の寝違い・足の捻挫等で急激に痛みがでてきた場合は患部に熱がこもるので熱とりを心掛けられるのがよいと思います。

逆になんか肩がこる・腰がだるい等の場合はお風呂で温まる、カイロで温めるのがよいと思います。

逆のことをすると症状が悪化することもありますのでご注意下さい。

痛くなった場合には市販や整形外科の冷湿布よりも、うちの特殊な湿布の方が効果絶大ですのでお勧めします。   

2014-04-16 | Posted in 院長ブログ

 

痺れ(しびれ)以上にぎっくり腰

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

1年の内で4回ぎっくり腰になりやすい季節があります。

お正月前後、3~4月の木の芽時期、6月の梅雨時期、9~10月の秋口です。

春先・秋口は木の芽・草枯れといい季節の変わり目であり、気温・湿度・気圧の変化が激しく体もその変化に耐えきれなくなってきます。

特に喘息などアレルギー疾患や神経痛が起こりやすく調整を必要とするため出来るだけ少し前に背筋(せすじ)の調整でぎっくり腰を予防されることをお勧めします。

痺れ(しびれ)を含め腰痛に一番いけない生活動作は「何かのしっぱなし」という状態です。

立ちっぱなし・寝っぱなし・座りぱなしなど1つの態勢を長く続けることで筋肉の動きが止まり極度の疲労となりますので気をつけましょう。    

2014-04-15 | Posted in 院長ブログ

 

免疫力アップ

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

まだ寒暖の差があり体調を崩しやすい時期です。病気に負けない体をつくるには免疫力をアップすることです。

われわれの体にはナチュラルキラー細胞(NK細胞)と言われるものがありウィルスや癌細胞をやっつけてくれます。

ただNK細胞にも2つの弱点があるそうです。加齢とストレスに弱いことです。

NK細胞を活性化するには適度な運動や早歩きが有効だそうです。

自分のペースで朝・晩15分づつ早歩きをすることで免疫力が底上げされます。

いつもより少し早歩きを心掛けて元気に春を迎えませんか?

2014-04-05 | Posted in 院長ブログ

 

12日(土)は11時半まで

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

4月12日(土)は都合により11時半までとなります。
よろしくお願いいたします。

2014-04-03 | Posted in 院長ブログ

 

内臓疲労の季節です。

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

季節の変化のときには身体にいろんな変化・不調が現れやすくなりますが、4月のこの時期は花冷え・木の芽どきで自律神経が乱れやすく痺れ(しびれ)をはじめ、あしのコムラガエリ(痙攣)、頭痛、だるさで悩まれる方が毎年増え始める頃でもあります。

いろんな原因がありますが、その1つに内臓疲労が考えられます。冬の間に食べ過ぎとまでは言わなくても働き続けてくれた内臓にくたびれが出始め、だるさ・腰痛に変化することもあります。

自分自身では気付いてなくてもおへその斜め下に1枚づつカイロを付けとくと案外気持ちよく内臓の疲労がとれやすく、だるさや腰痛対策になります。

一度試して下さい。

2014-04-02 | Posted in 院長ブログ

 

開業1周年!

阪急桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野です。

おかげさまで本日(4月1日)が開業して丸1年の記念すべき日になります。

昨年の今頃には今までお会い出来なかった多くの方々にこの1年でお会いすることが出来ました。ありがたい限りです。

これからまた1年、痺れ(しびれ)の他にも首・肩の痛み肩こり・頭痛、腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経症状、捻挫などがいち早く治って頂けるように努めたいと思います。

ますます匡正堂浅野整骨院をよろしくお願いいたします。

2014-04-01 | Posted in 院長ブログ