院長ブログ

筋肉が硬くなる原因とその対策!!!

~~お知らせ~~

めったにないことですが、今度の土曜日
10月21日

都合により休診となりますので、お気をつけください。

翌10月22日は第四日曜日で連休となります。体調を崩しやすい季節ですがご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

   

阪急電鉄京都線、桂駅西口徒歩6分
匡正堂浅野整骨院、院長浅野真弘です。


筋肉が硬くなる原因としては、さまざまな理由が挙げられます。主な原因としては、あらゆる意味でのストレスによるものが多いですが、まず姿勢も関係しています。背中と腰は体の要と言われており、背中と腰の筋肉を鍛えると姿勢がよくなります。体の軸をまっすぐに支えることが出来ないと筋肉も硬くなり、姿勢の良さも維持が出来ず腰痛の原因にもなりますので、背中と腰の筋肉は柔らかくしておきましょう。筋肉は基本的にストレスを受けると交感神経が働き筋肉が硬くなり、リラックスができる状態にあると副交感神経が優位に立ち、筋肉が柔らかくなるといったメカニズムがあります。ストレスと自律神経そして筋肉はそれぞれ関連しています。

筋肉が緊張すると血管が細くなり血流が悪くなります。これが慢性的に続くと筋肉は硬くなり、血流の悪さと相まって関節痛を起こしやすくしたりもします。特にデスクワークをしている人は同じ姿勢で血流も悪くなりやすく体も緊張して硬くなりやすいので注意が必要となります。対策としては、定期的に体をほぐしたり動かしたりすることが必要になりますが、そのためにはリラックスのできる環境を作ることも大切となります。現代社会ではストレスをまったく抱えずに過ごすことはできませんが、なるべくストレスを溜めずに副交感神経を優位に立たせるようにすることで硬くなった筋肉も柔らかくなり血流も良くなりますので、まずは心身ともに緊張をほぐすことから始めてみましょう。

半身浴やむるめのお湯に浸かったり、質の良い睡眠をとることはストレス緩和に繋がります。また、定期的にストレッチやマッサージなどでほぐしていくこともおすすめとなります。自分でできない場合は整骨院やマッサージ店などに通うのもいいでしょう。硬い筋肉は、血管を細くするので栄養や酸素が届かず冷えの原因にもなり、神経の伝達も悪くなります。他にも様々な不調を引き起こしてしまいます。そのため、日頃から姿勢をよくし、できる範囲で体を柔らかくするように努力することも大切となります。基本的には自律神経が整いリラックスができれば、血流もよくなっていきますので意識していくように心がけましょう。そして体に凝っている場所があれば、血液やリンパなどの流れも停滞しますので、気づいたらほぐすようにしていきましょう。

体が硬くなると慢性化しやすくなり、不調が心身に出やすくなりますので、体の定期的なメンテナンスとリフレッシュを行うことをおすすめします。

『匡正堂浅野整骨院』は東京杉並区にある天保年間(1830年)から続く『匡正堂本院』の分院として2013年4月に京都市西京区桂にて開業しました。当院は「筋(スジ)」の治療をメインに体全体の負荷を軽くする『匡正術』を基本概念とし、患者様の体の不調を整えていきます。長年の肩こり・腰痛・四十肩・五十肩などでお悩みなら是非一度ご相談ください。マッサージや接骨院とはひと味もふた味も違う施術でお悩みを解決させていただきます。

匡正堂浅野整骨院へのご予約はお電話で。
TEL075-393-7773
※近隣地域であれば往診もしております。

『匡正術』は背筋(せすじ)を整えることにより自然治癒力を引き出し、血行を良くする施術で天保年間(1830年)より190年以上の歴史を誇る治療法です。

契約駐車場もございます。

匡正堂浅野整骨院ホームページ
http://asano-seikotsuin.com/
匡正堂浅野整骨院フェイスブックページ
http://www.facebook.com/asanoseikotsuin

2017-10-16 | Posted in 院長ブログ